dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 南大東島

 南大東島(みなみだいとうじま) 

〜 沖縄県/大東諸島 〜

南大東島の風景

那覇から空路で1時間、泊ふ頭発の定期船は約15時間。サンゴ礁により島がつくりあげられ深海1500mの沖合いと砂浜のない断崖絶壁がつづく太平洋絶海の孤島。
(沖縄本島の東360km/周囲21km/平均気温23度)

マングローブ/4カ所 〔群生面積11.501ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

『この島のすべてが奇跡!』と私はいいます。南大東島はサンゴ礁が浮きあがってできたカルスト地形で、島を平面状にみるとお盆のように周囲が盛り上がっていて、海にむかうほど標高があがるんです。

マングローブについて語る東和明さん

島の内陸にある大池のほとりではオヒルギ群落がみられます。地上でみるかぎりは外洋と切り離されてみえますが、池のなかでどこかしら海とつながっていますから潮の干満による水位変化があります。

オヒルギは大池水系だけに集中していますから、島がサンゴで隆起する際にどこからか漂流してきたオヒルギのタネが池に残され、繁殖したものだと推測されます。いわば陸封型のマングローブですね♪

インタビューの様子@
インタビューの様子A

南大東島の名物ガイド
東 和明 さん

 自生地を探検 

\ きた×池之沢いけのさわ×在所ざいしょエリア /

南大東村北にある「大池」のマングローブ

(おおいけ)

汽水の池に生い茂る陸封型マングローブと野鳥観察ができる景勝地。

南大東村北にある「西水門付近」のマングローブ

(にしすいもん)

大池に近い雑木林の湿地には環境省に選定された巨木オヒルギが自生。

南大東村池之沢にある「豊作池付近」のマングローブ

(ほうさくいけ)

サトウキビ畑が広がる水路近くで雑草に隠れたオヒルギたちを発見。

南大東村在所にある「大東神社の池」のマングローブ

(だいとうじんじゃ)

南大東の神が見守る淡水池のほとりでオヒルギの小さな木が立つ。

大池

コーポレートロゴ
facebook