dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 日本のマングローブ植物 > マヤプシキ

 浜柘榴(マヤプシキ) 

〜 南国を彩る日本産のマングローブ植物 〜

日本のマヤプシキ群落

マングローブ林の海側にかけて生育する常緑高木であり石垣島以南に分布。針山のように突き出る筍根がとても印象的でサガリバナのような華麗な花も咲かせ小浜島や西表島東部の海岸で大きな群落がみられる。

日本各地にある自生地/23カ所 〔4島〕

Googleマップで分布場所をみる >

 基本情報ガイド 

\ 木の語源 /

正式和名は「ハマザクロ」とされており「マヤプシキ」という名前は沖縄県西表島の方言に由来します。「マヤ」は猫を意味するもので果実を実際見ると「猫のヘソ」のように窪んでおり、「プシキ」は海岸の樹木を指すことからこの名が誕生しました。

\ 学名由来 /

学名は「Sonneratia alba」です。「Sonneratia」は1700年代の後期にフランス植物学者である「Pierre Sonnerat/ピエールソネラ」が名づけたことに由来。「alba」はラテン語で白い花びらを意味しておりこの組み合わせで学名が決定しました。

\ 植物分類 /

科名

ハマザクロ科/Sonneratia ソネラティア

学名

Sonneratia alba/ソネラティアアルバ

英名

Apple Mangrove/アップルマングローブ

別名

マザプス、マヤピシキ、マヤプシギ

保護

準絶滅危惧NT/環境省版レッドリスト

絶滅危惧種の階級図

\ 発達環境 /

気候

平均気温(年)24℃以上の亜熱帯地方

土壌

砂地や泥質土壌を好む(塩分に強い)

開花

夏/7月-10月頃(果実成熟は6月-11月頃)

繁殖

果実落下→海流散布→種子分散→発芽開始

植生

マングローブの海側に生育/前面群落

マングローブでの発達区域図

 形態的な特徴 

\ 全体樹形 /

常緑高木(じょうりょくこうぼく)
樹高:3m-5mと背丈はごく普通

マヤプシキの樹形図解

筍根(じゅんこん)が地上に現れる
英名:Pencil-Root/ペンシルルート

筍根の図解

皮目(ひもく)の割れ目がやや目立つ
色味:薄いグレー系/質感:ザラザラ

幹の図解

\ 器官構造 /

倒卵形の対生/長さ:5cm前後
色味:深緑/先端が丸く光沢多肉質

倒卵形をした葉の図解

内側:緑色の小さな雌しべがある
外側:ブラシ状の白い雄しべが密集

マヤプシキにある花の図解

果実

球状(中身にはタネが100個以上)
色味:熟すと深緑/長さ:5cm前後

球状果実の図解
マヤプシキの筍根
マヤプシキの花
枝に実るマヤプシキの果実
割れたマヤプシキの果実

 地理的分布 

\ 国内自生地 /

日本のマヤプシキ群落は沖縄県の八重山諸島にある一部離島でみられ石垣島が世界分布の北限です。国内における自生地は4島23カ所ありますがマングローブ植物のなかでは南方系の樹種であるため他種に比べると分布は限定的です。

最北端

最南端

石垣島
名蔵湾

西表島
大原川

最北端⇔最南端までの距離/31km

最東端

最西端

西表島
ウダラ川

石垣島
名蔵アンパル

最東端⇔最西端までの距離/45km

\ 分布範囲 /

日本のマヤプシキ分布地図

鹿児島県

沖縄県

自生地/0カ所
〔0島〕

自生地/23カ所
〔4島〕

 地域別の群落 

\ 石垣島 /

石垣島のマヤプシキ群落周辺
名蔵湾のマヤプシキ群落

石垣島/2カ所のみに個体が生存しており当地のマングローブ樹種の中では最も絶滅危惧されています。過去には磯辺川河口で巨木が1本生育していましたが護岸工事の影響で枯れてしまい現在では名蔵湾周辺の湿地に数本だけ残ります。

\ 小浜島 /

小浜島のマヤプシキ群落
石長田海岸のマヤプシキ群落周辺

小浜島/1カ所にある石長田海岸で良好に成長しており群落としては世界最北端に位置づけられます。波打ち際の海岸最前部に群生するマングローブ林で樹高3mほどの中木がまばらに見られ細崎よりもアカヤ崎側にかけて個体が見られます。

\ 西表島 /

西表島東部のマヤプシキ群落
仲間川河口のマヤプシキ群落

西表島/18カ所に大きな群落がみられ海岸から河口域にかけてそれぞれ密集しています。西表島東部の仲間川をはじめ古見にある後良川でも頻繁に出現するほか、西表島西部の網取湾に流れるウダラ川下流でも自生地が近年発見されました。

\ 由布島 /

由布島のマヤプシキ群落
筍根が突き出たマヤプシキ

由布島/1カ所では島の西側にあるマングローブの浜辺にかけて数本生育しており発達した群落はみられません。樹高は3mほどでタコノコのような筍根を地上まで力強く伸ばしており対岸にある西表島の美原干潟にも多くの古木がみられます。

ヤエヤマヒルギ

ヒルギダマシ

コーポレートロゴ
facebook