dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > マングローブの生き物

 森が魅せる命のゆりかご 

〜 マングローブで暮らす生き物たちの関わり合い 〜

潮が満ちてくるマングローブ林
木の根元で休憩するミナミトビハゼ
マングローブで獲物を狙う野鳥
泥を運び出すミナミコメツキガニ

生活習性

マングローブは1日6時間ごとに潮の干満影響を受けるため生き物たちの日常生活は潮の周期に大きく左右されている。

多種多様

海と森がつくりだした複雑な地形により野鳥をはじめカニや小魚たちがマングローブ林を絶好の棲家として選んでいる。

食物連鎖

マングローブ林では野鳥が頂点となり他の生き物たちは藻類や落ち葉をはじめ微生物などを食べて生き延びている。

巣穴作り

水辺の生き物は外敵から身をまもるためマングローブの泥を運びだし器用な手さばきでおもしろい巣穴と隠れ家をつくる。

 水陸両生の環境 

〜 マングローブに棲みつく生き物の特徴 〜

\ 生息場所 /

熱帯地方に分布する種類がほとんどで出現区域は海側や陸側までそれぞれ異なります。例えばマングローブ植物は塩分濃度の違いからその棲みわけが判断できますが、生き物では「砂や泥地」などの土壌性質を見分けると生息地を特定することができます。

\ 活動時間 /

天気の恵まれた日は巣穴からたくさんの生き物がマングローブで顔をのぞかせます。野鳥をはじめトビハゼや巻貝は昼夜現れますが、蟹のシオマネキは昼間活発に行動することが多くアナジャコやノコギリガザミは夜行性のため夕方以降に活動します。

\ 環境変化 /

毎日のように潮の干満があるマングローブは時間帯でその光景も一変します。満潮になると干潟でいたカニたちは地中深くの巣穴に隠れたり木にもよじ登りことがあり、沖合いから小魚が泳いでくると野鳥たちが獲物を狙うように水面で口ばしを伸ばします。

干満時を比較したマングローブの生き物図解

\ 生物種類 /

日本のマングローブ林では鳥類をはじめ甲殻類・貝類・昆虫などが暮らしており性格が穏やかな生き物たちばかりです。野生での平均寿命は甲殻類・貝類・魚類・鳥類ともに約5年程度ですが、繁殖活動が盛んにおこなわれ年々世代交代が行われています。

分類

科名

種類

甲殻類

スナガニ科

シオマネキ

ワタリガニ科

ノコギリガザミ

貝類

シジミ科

シレナシジミ

ウミニナ科

キバウミニナ

魚類

ハゼ科

ミナミトビハゼ

鳥類

サギ科

チュウサギ

昆虫類

タテハチョウ科

オオゴマダラ

 食物連鎖と隠れ家 

〜 豊かな自然を育むマングローブの情景 〜

\ 不思議な砂粒  /

デトリタスを食べるミナミコメツキガニ有機物による食物連鎖図解

マングローブ干潟は「鳥の排泄物・葉の破片・微生物の死骸」などたくさんの有機物「デトライタス」が含まれています。小型ガニのミナミコメツキガニやシオマネキたちは土壌に含まれる栄養分を口に入れたあと砂を粒状にして戻すため干潟が粒模様になります。

\ 葉と藻を食べる /

落ち葉を食べるミナミオカガニ葉と藻による食物連鎖図解

貝とカニはマングローブの落ち葉をはじめ根に付着している藻類を食べて生活しています。カニはハサミで細かく砕きながら口に入れていきますが、巻貝においては口のなかに「歯舌/しぜつ」という硬いヤスリ状の歯がありそこで削りとりながら食べます。

\ 火山のような塚 /

オキナワアナジャコの塚山アナジャコ塚の仕組み図

夜行性のオキナワアナジャコは深夜遅くにマングローブの泥を積み上げ火山のような塚をつくります。塚は平均すると高さ1m程度ですが地中2m近くも掘り下げていることが多く、内部では迷路のような地下トンネルがつくられそこで個体がひそかに暮します。

\ 根元に土を盛る /

根元にあるミナミトビハゼの巣穴トビハゼ巣穴の仕組み図

ミナミトビハゼはマングローブの根に筒状をした巣穴をつくります。穴が崩れ落ちないよう根元のあいだに泥を寄せるように積み上げ、乾くと煙突のように長細くなることで外敵から巣の入口が気づかれづらくなり安心して身を潜めることができます。

 甲殻類シオマネキ編 

〜 マングローブで主役を飾る小型ガニ 〜

\ ベニシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca chlorophthalma crassipes/アーカ・クロロフセルマ・クラサイプ」、和名が紅潮招です。紅色の鮮やかな甲羅が特徴ですが、個体により甲羅全体が黒色または水色の斑点があり屋久島以南に分布します。

ベニシオマネキの雌

甲幅:約1.5cm

警戒心:強い

泥地で生息

春-秋に活動

\ オキナワハクセンシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca lactea lactea/アーカ・ラクティ・ラクティ」、和名が白扇潮招です。夏の繁殖期にオスはメスに対して扇子を舞うようにハサミを上下に振りかざす「ウェービング」という求愛行動をおこない奄美大島以南に分布します。

オキナワハクセンシオマネキの雌

甲幅:約1.8cm

警戒心:強い

砂地で生息

春-秋に活動

\ ヒメシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca vocans/アーカ・ボキャンズ」、和名が姫潮招です。カラダ全体が太陽と雲がとけこんだ渋みある色合いでハサミの下半分がオレンジ色をしていますが片方だけ大きくギザギザしているのがオスで九州以南に分布します。

ヒメシオマネキの雄

甲幅:約2.5cm

警戒心:強い

泥干潟で生息

春-秋に活動

\ ルリマダラシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca tetragonon/アーカ・テトラゴノン」、和名が瑠璃斑潮招です。水色と紺をした美しい模様の甲羅を身につけており、警戒心が非常に強いため沿岸でもゴツゴツした岩陰などに潜むことが多く沖縄本島以南に分布します。

ルリマダラシオマネキの雄

甲幅:約2.5cm

警戒心:最強

磯場で生息

春-夏に活動

\ ヤエヤマシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca dussumieri/アーカ・ダスミアリ」、和名が八重山潮招です。甲羅はそれぞれ紺色をしていますがオスのハサミは下半分がオレンジ色から赤で、メスはハサミが非常に小さく足は水色をしており奄美大島以南に分布します。

ヤエヤマシオマネキの雌

甲幅:約2.0cm

警戒心:最強

泥干潟で生息

夏に活動

\ ミナミヒメシオマネキ /

スナガニ科に属しており学名は「Uca jocelynae/アーカ・ジョーセリナエ」、和名の正式名称はありません。2010年に新種として発見されたシオマネキ類であり、水色と黄緑のグラデーションをした甲羅と可愛らしい瞳に特徴があり宮古島以南に分布します。

ミナミヒメシオマネキの雄

甲幅:約2.0cm

警戒心:強い

砂干潟で生息

春-夏に活動

 甲殻類カニ編+貝類 

〜 マングローブの影で身を潜める底生生物 〜

\ ミナミコメツキガニ /

学名は「Mictyris brevidactylus/ミクティリス・ブレビダクティラス」、和名が南米搗蟹です。体はまるで青い宝石のように美しく、回転しながら巣に潜るほか縦に歩行することができ集団移動するため軍隊ガニとも呼ばれ奄美大島以南に分布します。

砂を掘るミナミコメツキガニ

甲幅:約1.5cm

警戒心:最強

砂干潟で生息

春-秋に活動

\ ノコギリガザミ /

ワタリガニ科に属しており学名は「Scylla/スキュラ」で、マングローブクラブとも呼ばれてます。甲羅は濃い茶色をしており普段は泥のなかに隠れているため出現頻度が少ないですが、とてつもなく強力なハサミをもち静岡の浜名湖以南に分布します。

ハサミを開くノコギリガザミ

甲幅:約20cm

警戒心:高い

泥沼で生息

通年活動

\ ツノメガニ /

スナガニ科に属しており学名は「Ocypode ceratophthalmus/オシポード・セラトフサルマス」、和名が角目蟹です。夜行性のカニであり尖った目の先端と白いハサミに特徴がみられ、逃げ足が速く浜辺のアスリート的な存在で相模湾以南に分布します。

砂浜を走るツノメガニ

全長:約6cm

警戒心:最強

砂干潟で生息

通年活動

\ ヤエヤマヒルギシジミ /

シジミ科に属しており学名は「Geloina erosas/ゲロイナ・アローサ」、和名が八重山漂木蜆です。別名シレナシジミとしても知られる日本最大の巨大シジミで、貝の中身は小さいですが泥を養分とするため水質浄化も促しており奄美大島以南に分布します。

泥に隠れていたヤエヤマヒルギシジミ

全長:約10cm

警戒心:弱い

泥干潟で生息

通年活動

\ キバウミニナ /

キバウミニナ科に属しており学名は「Terebralia palustris/テレブラリア・パラストリス」、和名は牙海蜷です。渦を巻いた塔型の巻貝でありマングローブの落ち葉を食べるために木の根元で待ち伏せしいることが多く沖縄本島以南に分布します。

浅瀬の干潟にいるキバウミニナ

全長:約8cm

警戒心:弱い

泥干潟で生息

通年活動

\ イロタマキビ /

タマキビ科に属しており学名は「Littoraria pallescens/リットラリア・パレスセンス」、和名は色玉黍です。タニシと似ていますが殻に白黒模様があり個体によって全体が黄緑や白色もあり、マングローブの葉を食べて生活しており奄美群島以南に分布します。

葉に寄りかかるイロタマキビ

全長:約1.5cm

警戒心:弱い

樹木で生息

通年活動

 魚類+鳥類+昆虫類 

〜 マングローブ周辺で活発に動く生物 〜

\ ミナミトビハゼ /

ハゼ科に属しており学名は「Periophthalmus argentilineatus/ペリオフサルモス・アルゲンティリネアツ」、琉球地方ではトントンミーと呼ばれます。皮膚呼吸できる水陸両生魚であり、胸ビレを使い干潟を忍者のように飛び跳ね種子島以南に分布します。

干潟を飛び跳ねるミナミトビハゼ

全長:約6cm

警戒心:高い

砂泥地で生息

通年活動

\ チュウサギ /

サギ科に属しており学名は「Ardea intermedia/アルデア・インターメディア」、和名が中鷺です。「グアー」という鳴き声を放ちダイサギと同じような白色をしていますが、口ばしの黄色いラインは目元の後ろまで伸びてない特徴があり本州以南に分布します。

湿地に現れたチュウサギ

全長:約70cm

警戒心:普通

湿地で生息

春-夏に活動

\ ムラサキサギ /

サギ科に属しており学名は「Ardea purpurea/アルデア・プルプレア」、和名が紫鷺です。日本では沖縄県の八重山諸島に生息する留鳥であり、全身がやや青みのある色をしており首の付け根には焦げ茶色の縦筋模様がみられ石垣島以南に分布します。

水辺で獲物を狙うムラサキサギ

全長:約80cm

警戒心:高い

湿地で生息

通年活動

\ オオゴマダラ /

タテハチョウ科に属しており学名は「Idea leuconoe/アルデア・レウカヌー」、和名が大胡麻斑です。亜熱帯地方にかけて生息する日本最大級の大型の蝶のひとつで、白地をした大きな羽には黒い斑点模様がまだらにあり鹿児島県与論島以南に分布します。

花の蜜を吸うオオゴマダラ

全長:約10cm

警戒心:高い

砂地で生息

通年活動

\ リュウキュウアサギマダラ /

タテハチョウ科に属しており学名は「Ideopsis similis/イデオプシス・シミリズ」、和名が琉球浅葱斑です。焦げ茶色をした大きな羽に色鮮やか水色のスジ模様がみられ、気温が低下すると集団となって木の枝などで身を寄せ合い奄美大島以南に分布します。

木陰で羽を広げるリュウキュウアサギマダラ

全長:約7cm

警戒心:高い

湿地で生息

通年活動

\ ツマムラサキマダラ /

タテハチョウ科に属しており学名は「Graphium sarpedon/グラフィアム・サーペドン」、和名が褄紫斑です。黒と青色の美しいグラデーションに白い斑点をつけた羽を広げ、国内では迷蝶でしたが琉球地方では近年定着しており奄美大島以南に分布します。

水辺を飛ぶツマムラサキマダラ

全長:約7cm

警戒心:普通

湿地で生息

通年活動

マングローブ植物

番外編

コーポレートロゴ
facebook