dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 番外編

 自生地を深掘りしに全国探訪 

〜 本編では未掲載のマングローブも徹底調査 〜

雪が降るマングローブの様子
南伊豆町の青野川マングローブ風景
天草諸島のマングローブ風景
東急宮古島ホテルにあるマングローブ

北限積雪

鹿児島市喜入町のマングローブ積雪撮影に世界で初めて成功。観測史上初となる氷点下6.3度の極寒のなかを完全密着。

伊豆半島

静岡県南伊豆町の青野川河口では世界最北端のマングローブが半世紀健在。のどかな港町の片隅で南国情緒を漂わせる。

熊本天草

意外と知られていない熊本県内の不知火町・八代市・津奈木町・天草市の4カ所にわたるメヒルギ生育地の場所を大公開。

観賞栽培

宮古島・西表島のリゾートホテル敷地でマングローブが栽培管理されており宿泊滞在中の限られた時間でも観察見学可。

 天候・地理的な驚き 

〜 積雪記録や世界最北端の南伊豆メヒルギ 〜

\ 生見海岸ぬくみかいがん /

鹿児島市喜入町にある「国指定特別天然記念物メヒルギ群落」では2016年1月に起きた大寒波の影響により、氷点下-6.3度の極寒のなかで歴史的なマングローブ積雪風景を撮影。当地では潮が流入しづらい地形のため根元に約10pの雪が積もりました。

鹿児島市喜入生見町の積雪マングローブ風景

海岸砂地沿い

小規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

\ 伊豆青野川いずあおのがわ /

本編で紹介しているマングローブの北限地である鹿児島をはるかに北上した静岡県賀茂郡南伊豆町湊の「青野川」には、世界最北端のマングローブ定着地があります。寒さに強いメヒルギが生育しており本州で唯一、人工管理せずに自然発芽できる場所です。

静岡県南伊豆町の青野川マングローブ風景

低水護岸内部

小規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

 熊本の植栽試験地 

〜 不知火町・八代市・津奈木町・天草諸島のメヒルギ 〜

\ 桂原海岸かずわらかいがん /

熊本県宇城市不知火町の長崎にある桂原海岸ではマングローブ生態試験場として育成されたメヒルギが群生。植樹で繁殖した自生地ですが自然分布の北限とされる薩摩半島よりもはるか北側に位置しており九州最北端のマングローブ植栽地です。

熊本県宇城市不知火町の桂原海岸マングローブ風景

海岸干潟沿い

中規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

\ 南川みなみがわ /

熊本県八代市北原町にある球磨川水系の南川河口の干潟でメヒルギが数本生き延びています。植樹または不知火町から流れついた種子が発芽して生長したかは不明ですが豊かな底生生物とマングローブ特有の環境が見られ潮風が心地良いです。

熊本県八代市の南川マングローブ風景

河口湿地沿い

小規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

\ 小津奈木川こつなぎがわ /

熊本県葦北郡津奈木町にある小津奈木川下流のヨシ原湿地でメヒルギの個体が数百本自生しています。一般的な自生地と比べると砂利が多い土壌のなかで小規模なマングローブが形成されており沿道からは南国情緒だたよう木々を確認できます。

熊本県葦北郡津奈木町の小津奈木川マングローブ風景

河川土手沿い

小規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

\ お万ヶ池おまんがいけ /

熊本県天草諸島の下島にある「お万ヶ池」にはメヒルギが湖畔に生育しています。当地は本来マングローブ林が発達する海岸や河川とは異なる汽水池である上に水中では海水と淡水が2層化する環境の溜め池である点としても興味深いスポットです。

熊本県天草市天草町のお万ヶ池マングローブ風景

汽水池の畔

小規模面積

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

 施設管理型の観察地 

〜 沖縄県のリゾートホテルで育つマングローブ植物 〜

\ 宮古島東急ホテル /

沖縄県宮古島市与那覇にある大型リゾートホテル「東急宮古島リゾート」の人工汽水池にマングローブ植物が栽培されています。ヤエヤマヒルギをはじめオヒルギやメヒルギを身近に観察することができ、与那覇湾と繋がるこの池にはフエダイも泳いでいます。

東急宮古島リゾートのラグーン池

ラグーン池沿い

中規模群生

ヒルギ科生育

宿泊者限定見学

現地情報を詳しくみる >

\ 西表島パイヌマヤホテル /

沖縄県竹富町高那にある西表島ジャングルホテル「パイヌマヤ」のビオトーブ池にオヒルギが数本栽培されています。防護ネットのある玄関入口から見学することができ、大きなサガリバナも植栽されているため夏の時期には華麗な花びらが水面を彩ります。

西表島パイヌマヤホテルのビオトープ池

ビオトープ内部

小規模群生

ヒルギ科生育

一般見学可

現地情報を詳しくみる >

 屋我地ひるぎ学園 

〜 マングローブ林への想いが刻まれた小中一貫校 〜

\ 校風 /

屋我地ひるぎ学園は沖縄本島北西部に浮かぶ屋我地島にあり名護市立の小中学校です。「ひるぎ」とはマングローブを意味する愛称のひとつでもあり、学校周辺では樹齢100年以上のオヒルギ群落がひろがり自然に対する地域の優しい絆が息づいています。

屋我地ひるぎ学園の生徒

制服は国内初かりゆしウェア

2016年4月より現校名を使用

\ 紋章 /

基本背景色は自然を基調とした緑で、ロゴ中央部には「屋」の字体を囲うようにオヒルギ胎生種子が描かれています。さらに屋我地ひるぎ学園の書体にもひと工夫されており「我」、「ぎ」、「学」の濁点部分はそれぞれ葉のカタチがデザインされています。

屋我地ひるぎ学園のロゴ入り校旗

形状:逆五角形に柄が入る

紋章配色:紺/緑/赤/青/黄/

\ 校章 /

現在では校章とロゴデザインが統一されておりますが、2016年3月まで使われていた旧校章には「オヒルギ胎生種子」が上向きに刻印されており引き立てとしてリボン柄も入っていました。この旧校章の写真は現在見ることのできない大変貴重な一枚です。

オヒルギが刻印された旧校章

現行:逆五角形にタネの柄

旧型:五角形にタネの柄

\ 校歌 /

校歌にもヒルギの言葉が込められています。2016年4月から使われている新校歌では歌詞の4番目に「ひるぎ林のちえ深く」と書かれているほか、2016年3月末まで斉唱されていた旧校歌では1番目から「ヒルギの庭に」という粋なフレーズが入っておりました。

校歌が刻まれた正門の石碑

作詞:名嘉元 貫一

作曲:平良 仁一

 橋梁標識プレート 

〜 公共施設にデザインされたマングローブの意匠 〜

\ 八幡川はちまんがわ /

鹿児島市喜入町にある国道226号線「八幡川」橋梁ではマングローブ植物であるメヒルギの胎生種子が描かれた石板があります。八幡川にマングローブは自生していませんが付近の愛宕川では大きな群落があり、地域特有の南国植物を象徴しています。

八幡川橋梁にデザインされたメヒルギ

デザイン:メヒルギ胎生種子

材質:彫刻式石板/塗装あり

\ 億首川おくくびがわ /

沖縄本島金武町にある億首川下流の「ヒルギ橋」ではマングローブ植物のヤエヤマヒルギを刻印した橋梁標識があります。品格のある天然石に埋め込まれた金属プレートには、穏やかな水辺に生えているマングローブ情景がとても印象強く描かれています。

ヤエヤマヒルギ柄のプレート

デザイン:ヤエヤマヒルギ樹形

材質:銅板プレート式/モノクロ

\ 億首川おくくびがわ /

おなじく億首川下流の「ヒルギ橋」ではマングローブの生き物であるシオマネキとアナジャコの刻印プレートもあります。億首川のマングローブは日本の重要湿地500に選定される自然豊かな場所であり、その土地ならではの斬新なデザインとも言えます。

生き物が刻まれたプレート

デザイン:シオマネキ+アナジャコ

材質:銅板プレート式/モノクロ

\ 磯辺川いそべがわ /

石垣市大浜にある国道79号線「磯辺川」橋梁ではマングローブ植物であるメヒルギの胎生種子が描かれた石板があります。磯辺川には小さなマングローブ林が発達しており、石版をみるとメヒルギのタネが静かな水面で発芽している情景を連想させます。

メヒルギが描かれた石板

デザイン:メヒルギ胎生種子

材質:彫刻式石板/塗装あり

\ 吹通川ふきどうがわ /

石垣市伊土名にある国道79号線「吹通川」橋梁ではマングローブ植物であるヤエヤマヒルギが刻印された金属プレートがあります。吹通川は広大なマングローブ原生林が発達しているほか市指定天然記念物でもあり駐車場付近からプレートを確認できます。

ヤエヤマヒルギが刻印された金属板

デザイン:ヤエヤマヒルギ樹形

材質:銅板プレート式/モノクロ

\ 底地川すくじがわ /

石垣市川平にある「底地ビーチ」入口ではマングローブ植物であるヤエヤマヒルギをはじめ海の生き物が描かれた表示板があります。亜熱帯らしい鮮やかな自然の色合いと、個性あふれるデザインは観光客のみならず地元の人にも心和ませています。

マングローブ風景がでデザインされた案内板

デザイン:ヤエヤマヒルギ樹形

材質:樹脂転写式/フルカラー

\ 前良川まいらがわ /

沖縄県西表島古見にある県道217号線の「前良川」橋梁ではマングローブ林にあるサキシマスオウノキをモチーフにした柵があります。橋の付近に古くからある巨木が眠っており、柵に表現された大迫力ある根と自然景観にあわせた色合いが魅力的です。

サキシマスオウノキがデザインされた柵

デザイン:サキシマスオウノキ

材質:金属型抜き/塗装あり

\ 前良川まいらがわ /

おなじく「前良川」橋梁ではマングローブの生き物であるノコギリガザミをデザインした面白い柵があります。この橋の下を流れる前良川では潮が引くと大量のカニがみられ、その王者と言わんばかりの貫禄がありドライブ中に立ち寄ることもできます。

ノコギリガザミがデザインされた柵

デザイン:ノコギリガザミ

材質:金属型抜き/塗装あり

マングローブ生き物

積雪群落

コーポレートロゴ
facebook