dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 伊良部島

 伊良部島(いらぶじま) 

〜 沖縄県/宮古諸島 〜

伊良部島の風景

人魚伝説や神々が宿る聖地とされるパワースポットの島。宮古島から全長3540mの「伊良部大橋」を渡ればサンゴ礁の地形が織り成す大自然に包み込まれる。

マングローブ/1カ所 〔群生面積 約3.138ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

伊良部島と下地島の間には「入江」と呼ばれる狭い海峡があって、よく川と間違えられるのね。マングローブは佐和田の浜に近い「たいこ橋」から渡口の浜側「国仲橋」の入江のほとりに群生しているさ。

伊良部島のマングローブを語る桜井茂さん

平成の森公園周辺の大きな水域ではオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギ・ヒルギダマシの4種類が自生するさ。木の根元には蟹のノコギリガザミが生息していて透き通った水辺には野鳥も集まってくるよ。

昔はこの入江が迷路のように広範囲に及んでいて、当時は道路がなく島民たちは馬車を使って浅瀬を移動したさ。最近ではヒルギが多く植樹され、観光客がカヤックに乗って楽しそうに観察しているさね。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

漁師(島の海人)
桜井 茂 さん

 探検スポット 

\ 宮古島市長浜みやこじましながはまエリア /

宮古島市長浜にある「入江」のマングローブ

(いりえ)

地形が入り組んだ汽水域でマングローブが美しい自然景観を見出す。

入江

コーポレートロゴ
facebook