dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 伊良部島

 伊良部島(いらぶじま) 

〜 沖縄県/宮古諸島 〜

伊良部島の風景

宮古島を結ぶ日本最長の伊良部大橋を渡ればすぐ到着。隣りに浮かぶ下地島とともに魅惑の海とサンゴに囲まれ古くから神が宿る聖地といわれるパワースポットの島。
(周囲26km/平均気温23度/伊良部大橋全長3540m)

マングローブ/1カ所 〔群生面積3.138ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

伊良部島の西側では「入江」と呼ばれる長細い海峡が流れていて地図でみると川と間違えられるのね。マングローブ群生地は入江の北側に架かる「たいこ橋」周辺の入り組んだ干潟で密集しているさ。

マングローブについて語る桜井茂さん

波穏やかな水辺にはオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギ・ヒルギダマシの4種類が生育していて、そこでは食料源で重宝される蟹のノコギリガザミが獲れるから網かごを仕掛けておく漁場でもあるさね。

この入江は2000年頃に「伊良部町マングローブ協会」によるヒルギの植樹が行われその時の記念碑も残っているよ。私が子供の頃は入江に橋が無かったからこの周辺を馬車で往来した記憶があるさ。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

カニ漁師(島出身)
桜井 茂 さん

 自生地を探検 

\ 宮古島市長浜みやこじましながはまエリア /

宮古島市長浜にある「入江」のマングローブ

(いりえ)

日本の重要湿地500に選定されている大自然溢れるマングローブ林。

入江

コーポレートロゴ
facebook