dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 鹿児島

 鹿児島(かごしま) 

〜 薩摩半島(さつまはんとう) 〜

鹿児島の風景

東京から空路で1時間45分。本土最南端の南九州にあり温暖な気候に恵まれる。鹿児島湾に浮かぶ「桜島」を包むように東側には大隈半島、西側では薩摩半島がひろがり 開聞岳・指宿・枕崎などの観光名所で賑わいをみせる。

マングローブ/9カ所 〔群生面積0.506ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

鹿児島本土はマングローブ林が見られる最北限地といわれておるね。自生地は薩摩半島の「鹿児島市喜入・南さつま市大浦」の沿岸にあってマングローブ樹種の「メヒルギ」が1種類だけ生育しているね。

マングローブについて語る柳原正純さん

喜入にある群落は江戸時代の頃、沖縄地方に出兵した薩摩藩がタネを持ち帰り植えつけた歴史が知られておる。大浦では干拓や治水工事で伐採された事もあるけど今は天然記念物に指定されているよ。

冬場は降雪するような低温の日もあるけどメヒルギは意外にも寒さには強い木。厳しい環境に負けることなく元気に育っているけん、この土地でいつも南国情緒を物語ってくれている事には間違いないね。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

元造園師(南さつま市)
柳原 正純 さん

 自生地を探検 

鹿児島市喜入町かごしましきいれちょうエリア /

鹿児島市喜入中名町にある「清水川」のマングローブ

(しみずがわ)

JR中名駅の工業地帯を流れる川の護岸沿いに低木メヒルギが茂る。

鹿児島市喜入中名町にある「竜毛川」のマングローブ

(りゅうげがわ)

国道226号線沿いのコンクリート排水路に植樹メヒルギがそびえ立つ。

鹿児島市喜入町にある「愛宕川」のマングローブ

(あたごがわ)

JX喜入石油基地前の船溜まりで野鳥と巻貝が棲むマングローブが出現。

鹿児島市喜入前之浜町にある「鈴神社前」のマングローブ

(すずじんじゃ)

干満により鈴川から汽水が流れ込む隠れた湿地帯にメヒルギが残存。

鹿児島市喜入生見町米倉にある「喜入生見」のマングローブ

(きいれぬくみ)

錦江湾沿いの海岸にある国特別天然記念物リュウキュウコウガイ産地。

南さつま市大浦町みなみさつましおおうらちょうエリア /

南さつま市大浦町にある「大浦川」のマングローブ

(おおうらがわ)

東シナ海に面したマングローブ河口地帯にはトビハゼやカニも生息。

南さつま市大浦町にある「越路川」のマングローブ

(こえじがわ)

静かな田園地帯を横切る大浦川水系でメヒルギがぽつり身を寄せ合う。

南さつま市大浦町にある「榊川」のマングローブ

(さかきがわ)

石垣積みの堤防から見渡すとメヒルギが多年草に囲まれながら成育。

南さつま市大浦町にある「蛭子島」のマングローブ

(えびすじま)

緯度では喜入より北限地。片浦漁港付近の池にあるマングローブ林。

清水川

コーポレートロゴ
Facebook