dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 加計呂麻島

 加計呂麻島(かけろまじま) 

〜 鹿児島県/奄美群島 〜

加計呂麻島の風景

奄美大島の南端にある古仁屋港から定期船に乗り30分。大島海峡と向かい合いながら複雑なリアス式海岸が続き「映画男はつらいよ」のロケ地としても知られる離島。
(古仁屋の南方2km/周囲150km/平均気温21度)

マングローブ/4カ所 〔群生面積0.406ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

加計呂麻島にマングローブがある事はあまり知られていないよ。島では大島海峡中央部にある波静かな海岸の入り江だけに自生地があって、オヒルギ・メヒルギの2種類がそれぞれ生育していますよ。

マングローブについて語る川上榮一さん

呑之浦では古くからマングローブ原生林があって道もなく船でしか行けない秘境だから、今でも亜熱帯の豊かな自然が残されているよ。昔は家族を連れて貝拾いをした思い出の場所でもありますね。

地域ごとに幾つかの川が流れていますが、この島の地形をみると海岸の方がヒルギの木が定着しやすい環境なんだと思います。私もボートを漕ぎながら時々マングローブの状況を視察しております。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

元海上自衛隊(島出身)
川上 榮一 さん

 自生地を探検 

\ 三浦みうら×ひょう×呑之浦のみのうら×押角おしかくエリア /

瀬戸内町三浦にある「三浦干潟」のマングローブ

(みうらひがた)

防波堤沿いの浜辺から岬にかけてメヒルギの木々が整列して立ち並ぶ。

瀬戸内町俵にある「仲田浦干潟」のマングローブ

(なかだうらひがた)

一般の立ち入りが制限される黒マグロ養殖場付近にオヒルギが出現。

瀬戸内町呑之浦にある「呑之浦干潟」のマングローブ

(のみのうらひがた)

古仁屋港から貸切船でしか行けない秘境の地にあるマングローブ林。

瀬戸内町押角にある「名子原干潟」のマングローブ

(なごはらひがた)

瀬相港から呑之浦トンネルを過ぎた海岸湿地にあるヒルギの自生地。

三浦干潟

コーポレートロゴ
facebook