dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 久米島

 久米島(くめじま) 

〜 沖縄県/沖縄諸島 〜

久米島の風景

那覇から空路で30分、泊港発の定期船だと2時間50分。透明度抜群の東シナ海と夕焼けに染まる絶景は古くから球美島「くみじま」とも言い伝えられた琉球の美しき島。
(沖縄本島の西100km/周囲53km/平均気温22度)

マングローブ/3カ所 〔群生面積0.545ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

儀間川にはメヒルギの木からなる原生のマングローブ群落があります。兼久地区でもオヒルギとヤエヤマヒルギの木々が自生しておりますが、これらはきっと植樹によって繁殖したものと考えられますね。

マングローブについて語る佐藤文保さん

『久米島ホタル館の外庭』ではビオトープがありまして、この島ならではの自然をわかりやすく再現しています。マングローブ植物のメヒルギも観察できますし館内にはさまざまな生き物を展示しています。

山と湿地と海がバランス良く融合したこの島で、流れ星のように光り輝くホタルたちがマングローブ林にも棲みついてほしいものですね。いつかそんな浪漫あふれた情景が訪れることを待ちわびています♪

インタビューの様子@
インタビューの様子A

久米島ホタル館(館長)
佐藤 文保 / 直美 さん

 自生地を探検 

\ 兼城かねぐすく×儀間ぎまエリア /

久米島町兼城にある「兼城港前」のマングローブ

(かねぐすくこうまえ)

冷凍倉庫付近にある雑木林の小さな水路沿いに隠れたヒルギ自生地。

久米島町兼城にある「白瀬川」のマングローブ

(しらせがわ)

シオマネキ生息地として知られる大港橋河口干潟のマングローブ地帯。

久米島町儀間にある「儀間川」のマングローブ

(ぎまがわ)

製糖工場のある低地の下流域には古くから残るメヒルギ天然林が出現。

兼城港前

コーポレートロゴ
facebook