dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 宮古島

 宮古島(みやこじま) 

〜 沖縄県/宮古諸島 〜

宮古島の風景

那覇から空路で50分、東京・中部・関西へ直行便運航。竜宮城に誘われてしまいそうなサンゴ礁の海に魅せられ平地では亜熱帯植物が彩るエコアイランド宣言の島。
(沖縄本島の南西290km/周囲117km/平均気温23度)

マングローブ/8カ所 〔群生面積9.949ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

宮古島は地形が平坦だから大きな山と川がないさね。それでも豊富な地下水脈が海岸近くで湧き出していて、こうした場所で偶然にも海水が流れ込みマングローブが発達できる環境がつくられたさね。

マングローブについて語る川平洋さん

島ではオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギのほか自然分布の北限であるヒルギダマシ群落もあるさ。島尻や川満のマングローブ林は観光地としても有名で、人里離れた所にも自生地がたくさんあるよ。

昔話だけどヒルギは当時家屋や桟橋の柱に活用された歴史があって、木材を潮に浸して防腐効果を高めるためマングローブで貯木した経験もしたよ。だから今でも森からの恩恵を忘れることはないさ。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

川満漁業管理組合長
川平 洋さん(写真:左)

 自生地を探検 

\ 島尻しまじり×西原にしはら×荷川取にかどりエリア /

宮古島市平良島尻にある「島尻バタラズ」のマングローブ

(しまじり)

池間大橋の南東を縦断する入り江に島内最大級のマングローブが出現。

宮古島市平良西原にある「大浦湾」のマングローブ

(おおうらわん)

波穏やかな湾内最深部の畔でヤエヤマヒルギとメヒルギが生き延びる。

宮古島市平良荷川取にある「クウラ水辺公園」のマングローブ

(久浦)

砂山ビーチ西側にある成川農村前の秘境水路にヒルギダマシが自生。

\ 川満かわみつ×下地与那覇しもじよなは×嘉手苅かでかりエリア /

宮古島市川満にある「川満漁港前」のマングローブ

(かわみつぎょこう)

海岸に植えられたヤエヤマヒルギが宮古ブルーの与那覇湾に芽吹く。

宮古島市川満にある「川満ウプカー」のマングローブ

(かわみつ)

地下水脈と海水とが融合した汽水池にひろがるマングローブ原生林。

宮古島市川満にある「崎田川」のマングローブ

(さきたがわ)

沖縄製糖工場前の河口域にかつて宮古島市長が植樹したヒルギが残る。

宮古島市下地与那覇にある「サニツ浜」のマングローブ

(さにつはま)

野鳥と生き物たちがあつまるラムサール条約登録湿地のマングローブ。

宮古島市嘉手苅にある「入江湾」のマングローブ

(いりえわん)

来間大橋東側にある険しい地形にある岩礁地帯にオヒルギが根を張る。

島尻バタラズ

コーポレートロゴ
facebook