dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 宮古島

 宮古島(みやこじま) 

〜 沖縄県/宮古諸島 〜

宮古島の風景

那覇から空路で約50分。竜宮城に誘われてしまいそうな美しいサンゴ礁に魅せられ、標高の低い平地には亜熱帯植物がひろがる「エコアイランド宣言」の離島。

マングローブ/8カ所 〔群生面積 約9.949ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

宮古島はサンゴが隆起した地形だから山がないけど、地下水脈が豊富でウプカーという水源があるさ。海とつながる入り江にも湧き出ていて、そこに海水が入るとマングローブが育つ汽水域になるんだ。

宮古島のマングローブを語る島民

島にあるマングローブ植物はオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギ・ヒルギダマシの4種類。主に琉球石灰岩のある沿岸に成育していて、自生地を眺めてみると川とはひと味違った雰囲気に包まているよ。

私が子供のころは建材をマングローブ林の泥のなかに貯木させたさ。こうすることで木材の耐久性や防腐効果が高くなり、台風や塩害にも耐えれる桟橋をつくることができた古き良き歴史があるよ。

宮古島のひとにインタビュー@
宮古島のひとにインタビューA

川満漁業管理組合長
川平 洋さん(写真:左)

 探検スポット 

\ 島尻×西原×荷川取エリア /

宮古島市島尻にある「島尻」のマングローブ

(しまじり)

池間大橋から近い入江(バタラズ)にある宮古最大級のマングローブ。

宮古島市西原にある「大浦湾」のマングローブ

(おおうらわん)

熱帯魚がスイスイ泳ぐ波穏やかな漁港付近にヤエヤマヒルギが出現。

宮古島市荷川取にある「クウラ水辺公園」のマングローブ

(久浦)

砂山ビーチ付近の成川農村ではヒルギダマシや昆虫が観察できる。

\ 川満×与那覇湾×嘉手苅エリア /

宮古島市川満にある「川満漁港前」のマングローブ

(かわみつぎょこう)

海岸に植えられたヤエヤマヒルギが宮古ブルーの与那覇湾に芽吹く。

宮古島市川満にある「川満ウプカー」のマングローブ

(かわみつ)

湧き水と海水が融合する森のなかはトビハゼやシオマネキたちも生息。

宮古島市川満にある「崎田川付近」のマングローブ

(さきたがわ)

製糖工場前の橋梁付近にかつて宮古島市長が植樹したヒルギが残る。

宮古島市与那覇にある「サニツ浜」のマングローブ

(さにつはま)

野鳥や巻貝があつまるラムサール条約登録湿地に広がるマングローブ。

宮古島市嘉手苅にある「入江湾」のマングローブ

(いりえわん)

来間大橋から東にみえる広い湾内にマングローブ原生林が広がる。

島尻

コーポレートロゴ
facebook