dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 沖縄本島 > 慶佐次川

 慶佐次川(げさしがわ) 

〜 沖縄県国頭郡東村/慶佐次(げさし) 〜

慶佐次川のマングローブ風景

下流には沖縄本島最大のマングローブ林が発達しておりヒルギ科3種が生育。世界最北端のヤエヤマヒルギ群落でもあり、昭和47年5月15日「国の天然記念物」に指定されたほか日本の重要湿地500にも選定されている。

マングローブ面積/7.712f 〔全長780b〕

Googleマップで分布場所をみる >

 風景コレクション 

慶佐次川のマングローブ自生地@
慶佐次川のマングローブ自生地A
慶佐次川のマングローブ自生地B
慶佐次川のマングローブ自生地C
慶佐次川のマングローブ自生地D
慶佐次川のマングローブ自生地E

 探検情報ガイド 

立地・交通アクセス

観光スポット

隠れた自生地

森らしい景観

木がぽつり育つ

周辺から見学

カヤックが必要

遊歩道設置

駐車スペース

車の場合/那覇空港→100分/名護市街→40分
(現地は国道331号線の「ふれあいヒルギ公園」に位置

観察できる木

マングローブの木(オヒルギあり)


オヒルギ

マングローブの木(メヒルギあり)


メヒルギ

マングローブの木(ヤエヤマヒルギあり)


ヤエヤマヒルギ

マングローブの木(マヤプシキなし)


マヤプシキ

マングローブの木(ヒルギダマシなし)


ヒルギダマシ

マングローブの木(ヒルギモドキなし)


ヒルギモドキ

マングローブの木(ニッパヤシなし)


ニッパヤシ

安田川

汀間川

コーポレートロゴ
Facebook