dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 日本のマングローブ植物

 海水に浸かる不思議な木 

〜 日本のマングローブで育つ植物たちの秘密 〜

日本のマングローブ林風景
塩分を含んだマングローブの黄色い葉
砂浜で成育しているオヒルギの木
水中から根を張る支柱根

木の種類

ヒルギ科など7種類あるマングローブ植物たちは海側から陸側まで自分のカラダに適した場所を選びながら定着する。

潮に強い

海水を吸い込んでも塩分を葉に貯めこみ黄色い落ち葉となって体から排出させるため葉を噛むとほんのり塩味がする。

繁殖能力

水中に浸かるという厳しい環境条件のなかで子孫を残していくため陸上植物とは異なるタネを実らせて発芽していく。

根の役割

根は4種類みられ地上に伸ばすことで波や風でも木を支えつづけ水没しても酸欠しないよう身をまもる仕組みが備わる。

 木は段階的に生える 

〜 植物たちは自らの習性を見極めている 〜

\ 木の特徴 /

日本のマングローブ植物は全部で「5科7種」あり鹿児島県と沖縄県のみに分布しています。木はそれぞれ常緑の塩生植物であり樹高は50cmから10mまで幅広く、平均樹齢は約50年ですが「西表島宇多良川」には350年間生きる古木オヒルギがあります。

\ 立地環境 /

熱帯・亜熱帯沿岸の海水と淡水が混ざりあう「汽水域/きすいいき」で生育するため、海岸や川の下流など潮の干満影響を受ける場所に出現します。自生地のほとんどは泥や砂地などに覆われており木が繁殖していくと大きなマングローブ林が形成されます。

\ 全体植生 /

マングローブ林を平面でみると「前面群落→中心群落→後背群落」のように海側から陸側まで3エリアにわかれ、潮の冠水頻度だけでなく5科7種ある木も集団ごとに移り変わります。奥地まで離れると「半マングローブ植物」という仲間の木が生い茂ります。

マングローブ林の植生断面図

\ 自生植物 /

一般的には塩分に強い「ヒルギダマシ」「マヤプシキ」「ヤエヤマヒルギ」が海側に広がり、陸側から「メヒルギ」「オヒルギ」などが段階的に生える傾向があります。これは区域ごとで塩分濃度が違うため木が自分の体質に合わせた棲みわけしている証なのです。

木の名前

塩分耐久性

生育範囲

オヒルギ

やや強い

中心群落

メヒルギ

やや強い

中心群落

ヤエヤマヒルギ

強い

前面群落

マヤプシキ

強い

前面群落

ヒルギダマシ

強い

前面群落

ヒルギモドキ

普通

後背群落

ニッパヤシ

普通

後背群落

 進化した器官構造 

〜 自然界で生きていくための戦略を物語る 〜

\ 受粉と開花 /

オヒルギの蜜を吸う昆虫マングローブにある花の図解

マングローブ植物は人のように性別がないため同じ木の花にある「雄しべと雌しべ」が受粉してタネをつくります。オヒルギは花のなかに物が触れるとその瞬間に花粉を飛ばすため、花の蜜を吸いにくる鳥や昆虫が花粉を運ぶための媒介を促進しています。

\ 水に浮かぶ種 /

水面をただよう胎生種子マングローブにある胎生種子の図解

ヒルギ科の植物は春から夏にかけて「胎生種子/たいせいしゅし」と呼ばれる棒状のタネを実らせ、成熟すると枝から離れていき地面に根づくと木になるまで成長をつづけます。タネはコルク質のため水に浸かっても浮かぶことができ繁殖力に優れています。

\ 光沢質な葉 /

マングローブ樹木の艶やかな葉マングローブにある葉の図解

海岸植物は葉の表面に光沢感があり多肉質です。これは葉にある「クチクラ層」という表皮組織であり、潮が浸透しないよう弾き返すためや紫外線による水分蒸発を防ぐ「壁」のような役割をもつため葉が傷むことなく光合成も正常に行うことができます。

\ 枝に垂れる根 /

ヤエヤマヒルギの枝に伸びる根マングローブにある枝の図解

ヤエヤマヒルギは成長すると枝から地面に向かい根を垂れ下げることがあります。冠水するマングローブの木は水分をたくさん吸収して枝も重くなるため、これらの根は樹木全体のバランスを保ちながら枝につく「花・タネ・葉」の重要器官も一緒に守ります。

 独特な姿をみせる根 

〜 根は呼吸しながら木の重心も支える 〜

\ 膝根しっこん /

オヒルギの膝根膝根についての構造図

木の周辺から人間のひざを曲げた逆V字型のように盛り上がる膝根「Knee-Root/ニールート」は、マングローブ林の内陸寄りで生育するオヒルギに発達します。根は地中ですべて繋がっており酸素不足を解消するため地上で波打つようにその姿をみせます。

\ 支柱根しちゅうこん /

ヤエヤマヒルギの支柱根支柱根についての構造図

傘を大きく広げた骨組みのように幹から地面へ伸ばしていく支柱根「Prop-Root/プロップルート」は、波の影響を受けやすい場所に生育するヤエヤマヒルギに発達します。根は半円状に複数分岐していくほか海岸では岩礁のあいだに伸ばすこともあります。

\ 筍根じゅんこん /

マヤプシキの筍根筍根についての構造図

まるでタケノコのように地中奥深くから垂直突起して現れてくる筍根「Pencil-Root/ペンシルルート」は、海岸寄りで生育するマヤプシキとヒルギダマシに発達します。根は膝根と同じく木の本体とは地中で一体化しており群落では針山のように広がります。

\ 板根ばんこん /

メヒルギの板根板根についての構造図

幹からそのまま地面までゆっくり滑り落ちるように張り巡らせる板根 「Butterss-Root/バットレスルート」は、海側から陸側まで生育するメヒルギに発達します。根はそれほど厚みはありませんが材質が硬いため巨木も支えつづけることができます。

 5科7種の植物図鑑 

〜 日本各地で観察できるマングローブ植物 〜

\ 検索早見表 /

地域別

木の種類

マングローブ林

鹿児島

1科1種

9カ所

種子島

1科1種

6カ所

屋久島

1科1種

1カ所

奄美大島

1科2種

8カ所

加計呂麻島

1科2種

4カ所

徳之島

1科1種

1カ所

伊是名島

1科2種

2カ所

沖縄本島

3科5種

48カ所

屋我地島

2科4種

2カ所

宮城島

1科3種

1カ所

久米島

1科3種

3カ所

南大東島

1科1種

4カ所

宮古島

2科4種

8カ所

伊良部島

2科4種

1カ所

石垣島

4科6種

32カ所

小浜島

3科5種

1カ所

西表島

5科7種

64カ所

由布島

4科6種

1カ所

内・外離島

4科6種

3カ所

与那国島

1科1種

1カ所

\ 生育分布図 /

日本のマングローブ植物分布図

鹿児島県から沖縄県に南下するにつれて気温が高くなるため植物の種類も増えていき、最北端の「鹿児島」と最南端の沖縄県「西表島」とでは年間の平均気温差が約7℃もあります。5科7種の木々が同じ場所で確認できるのは「西表島/大原川」のみです。

マングローブ林

全種生育地

最多自生種

国内群落
20島200カ所

西表島/大原川
5科7種

メヒルギ
18島137カ所

\ オヒルギ /

ヒルギ科に属しており学名は「Bruguiera gymnorhiza/ブルギエラ・ギムノリザ」、和名は雄漂木です。幹の表面がデコボコしており陸側のマングローブでは樹高10mも成長することがあり、膝根を発達させるほかオクラのような胎生種子を実らせます。

オヒルギの全体風景
オヒルギの幹
オヒルギの胎生種子

木の形態

国内分布

最北限地

常緑高木
(膝根あり)

15島153カ所
(奄美大島以南)

内海公園
(住用町)

オヒルギを詳しく知る >

\ メヒルギ /

ヒルギ科に属しており学名は「Kandelia obovata/カンデリア・オボバタ」、和名は雌漂木です。盆栽のようにスッキリとした樹形に丸みを帯びた葉をつけ板根を発達させるほか胎生種子もつけます。寒さに強く静岡県南伊豆町「青野川」でも成長してます。

メヒルギの全体風景
メヒルギの花
メヒルギの胎生種子

木の形態

国内分布

最北限地

常緑木本
(板根あり)

18島137カ所
(鹿児島以南)

神之川
(日置市)

メヒルギを詳しく知る >

\ ヤエヤマヒルギ /

ヒルギ科に属しており学名は「Rhizophora mucronata/リゾフォラ・ムクロナタ」、和名は八重山漂木です。マングローブならではの風格が最も現れている木であり支柱根を発達させるほか、葉の先端がやや尖っておりアスパラのような胎生種子も特徴的です。

ヤエヤマヒルギの全体風景
ヤエヤマヒルギの花
ヤエヤマヒルギの胎生種子

木の形態

国内分布

最北限地

常緑木本
(支柱根あり)

13島136カ所
(沖縄本島以南)

慶佐次川
(東村)

ヤエヤマヒルギを詳しく知る >

\ マヤプシキ /

ハマザクロ科に属しており学名は「Sonneratia alba/ソネラティア・アルバ」、和名は浜柘榴です。ブラシ状の白い花を咲かせハート型をした葉を身にまとい、時期になると柑橘系の果実をつけるほか古木は「こけし」のような形をした筍根も発達させます。

マヤプシキの全体風景
マヤプシキの花
マヤプシキの果実

木の形態

国内分布

最北限地

常緑高木
(筍根あり)

4島23カ所
(石垣島以南)

名蔵湾
(石垣市)

マヤプシキを詳しく知る >

\ ヒルギダマシ /

キツネノマゴ科に属しており学名は「Avicennia marina/アビセニア・マリーナ」、和名は漂木騙です。海岸最前線で波しぶきを受けても生き伸びる低木であり、満潮時になると全体が完全水没する光景もみられ割り箸ほどの小さな筍根が地中から出てきます。

ヒルギダマシの全体風景
ヒルギダマシの花
ヒルギダマシの果実

木の形態

国内分布

最北限地

常緑低木
(筍根あり)

9島49カ所
(沖縄本島以南)

奥川
(国頭村)

ヒルギダマシを詳しく知る >

\ ヒルギモドキ /

シクンシ科に属しており学名は「Lumnitzera racemosa/ルミニツゼラ・ラセモサ」、和名は漂木擬です。マングローブ林の砂地にかけて繁殖することが多く、呼吸根は発達しませんが葉は肉厚で水分がたくさん含まれているため小判のようなヘラ型をします。

ヒルギモドキの全体風景
ヒルギモドキの花
ヒルギモドキの葉

基本形態

国内分布

最北限地

常緑木本
(普通の根)

5島20カ所
(沖縄本島以南)

億首川
(金武町)

ヒルギモドキを詳しく知る >

\ ニッパヤシ /

ヤシ科に属しており学名は「Nypa fruticans Wurmb/ニッパ・フルティカンス」、漢字では水椰子です。泥にぬかるむ湿地にあり日本では西表島と内離島でしか自生していない幻のヤシで、地中から大きな根茎を発達させながら羽状をした長い葉を伸ばします。

ニッパヤシの全体風景
ニッパヤシの花
ニッパヤシの果実

木の形態

国内分布

最北限地

常緑低木
(根茎が一体)

2島3カ所
(西表島以南)

ヤシ川
(竹富町船浦)

ニッパヤシを詳しく知る >

\ 半マングローブ植物 /

これらの木々は代表種の「5科7種」とよく似た特徴をもち陸上植物と比べると若干塩分に耐えることができます。満潮時に海水がわずかに流れ込む「バックマングローブ地帯」といわれる場所に生えておりサキシマスオウノキ・アダン・ハマボウなどが生育します。

樹齢400年のサキシマスオウノキ
成熟したアダンの果実
夜明けに開花したサガリバナ

サキシマスオウノキ
(アオギリ科)

アダン
(タコノキ科)

サガリバナ
(サガリバナ科)

桃色をしたゴバンノアシの開花風景
黄色をしたハマボウの開花風景
紫色をしたハマジンチョウの開花風景

ゴバンノアシ
(サガリバナ科)

ハマボウ
(ハイビスカス科)

ハマジンチョウ
(ハマジンチョウ科)

マングローブ基本形態

マングローブ生き物

コーポレートロゴ
facebook