dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > マングローブ植物

 海水に浸かる不思議な木 

〜 マングローブ植物たちの秘密を探る 〜

日本最大の仲間川マングローブ風景
砂浜にも成育しているオヒルギ
塩分を含んだマングローブの黄色い葉
水中から根を張り出すヤエヤマヒルギ

木の名前ではない

マングローブは森の総称のことで熱帯性の植物が育つ。日本ではヒルギ科を中心とする「7種類」の木が確認されている。

どこで見られるの

熱帯・亜熱帯地方の海水と真水が混ざりあう「汽水域」に発達。海岸や川の下流など潮の干満がある場所で発見できる。

潮で枯れない理由

吸収された塩分は葉に貯めこみ「黄色い落ち葉」となって体から排出させる仕組みがある。葉をかじると「しょっぱい味」も。

身をまもる工夫

自生地は軟弱な土壌であるため根は周囲に広く伸ばし安定感をもたせ、水没時でも酸欠しないよう地上に張り巡らせる。

 根とタネに魅せられて 

\ 存在感あふれる根 /

〜マングローブの根は4種類あり、それぞれ呼吸する性質がある〜
(これらの根の形状を覚えれば、ある程度の植物が見分けられる

オヒルギの膝根
膝根
(しっこん)

ヤエヤマヒルギの支柱根
支柱根
(しちゅうこん)

マヤプシキの筍根
筍根
(じゅんこん)

メヒルギの板根
板根
(ばんこん)

\ ビヨーンと伸びる種 /

〜ヒルギ科には胎生種子(たいせいしゅし)という繁殖体がある〜
(やがては枝から抜け落ち、運良く先端が土に埋まると発芽する)

オヒルギの胎生種子
オヒルギ
(タコウインナーみたい)

ヤエヤマヒルギの胎生種子
メヒルギ
(清楚な見た目)

メヒルギの胎生種子
ヤエヤマヒルギ
(夏にどっさり実る)

水に浮かぶ胎生種子
落下した胎生種子
(満潮時は水面に浮かぶ)

 マングローブ植物図鑑 

\ オヒルギ (ヒルギ科) /

幹の表面がデコボコしており、高さ10mの巨木にもなる

オヒルギの風景

オヒルギの幹

オヒルギの根

◆形態:常緑高木/膝根  ◆国内分布:奄美大島以南
学名:Bruguiera gymnorhiza (ブルギエラ・ギムノリザ)

Googleマップで分布をみる

\ メヒルギ (ヒルギ科) /

丸みを帯びた葉が特徴で、寒さに強く伊豆でも自生地がある

メヒルギの風景

メヒルギの花

メヒルギの根

◆形態:常緑木本/板根  ◆国内分布:薩摩半島以南
学名:Kandelia obovata (カンデリア・オボバタ)

Googleマップで分布をみる

\ ヤエヤマヒルギ (ヒルギ科) /

マングローブらしい王者の木。根っこはまるで傘の骨組み

ヤエヤマヒルギの風景

ヤエヤマヒルギの花

ヤエヤマヒルギの根

◆形態:常緑高木/支柱根  ◆国内分布:沖縄本島以南
学名:Rhizophora mucronata (リゾフォラ・ムクロナタ)

Googleマップで分布をみる

\ マヤプシキ (ハマザクロ科) /

針山の根を張り、柑橘系の果実からブラシ状の花を咲かせる

マヤプシキの風景

マヤプシキの果実

マヤプシキの花

◆形態:常緑高木/筍根 ◆国内分布:石垣島以南
学名:Sonneratia alba (ソネラティア・アルバ)

Googleマップで分布をみる

\ ヒルギダマシ (キツネノマゴ科) /

海岸の最前線で、波しぶきを受けても生き伸びる強い低木

ヒルギダマシの風景

ヒルギダマシの花

ヒルギダマシの根

◆形態:常緑木本/筍根 ◆国内分布:沖縄本島以南
学名:Avicennia marina (アビセニア・マリーナ)

Googleマップで分布をみる

\ ヒルギモドキ (シクンシ科) /

水分たっぷりの肉厚の葉は、まるで小判のようなヘラ型

ヒルギモドキの風景

ヒルギモドキの花

ヒルギモドキの葉

◆形態:常緑木本/普通の根 ◆国内分布:沖縄本島以南
学名:Lumnitzera racemosa (ルミニツゼラ・ラセモサ)

Googleマップで分布をみる

\ ニッパヤシ (ヤシ科) /

日本国内ではほとんど観察することのできない幻のヤシ

ニッパヤシの風景

ニッパヤシの果実

ニッパヤシの花

◆形態:常緑小高木/茎なし ◆国内分布:西表島以南
学名:Nypa fruticans Wurmb (ニッパ・フルティカンス)

Googleマップで分布をみる

\ 半マングローブ植物 /

西表島にあるアオイ科のサキシマスオウノキ
内陸に自生するタコノキ科のアダン
夜明けに開花したサガリバナ

サキシマスオウノキ

アダン

サガリバナ

海岸で自生するゴバンノアシ
ハイビスカス科のハマボウ
ゴマノハグサ科のハマジンチョウ

ゴバンノアシ

ハマボウ

ハマジンチョウ

 木の棲みわけ 

木も「ひと」のようにそれぞれの体質があるので、自分にあった場所に発芽します。
そのわかりやすい事例として西表島のマングローブで検証してみました。
すると塩分に強い「ヒルギダマシ」「マヤプシキ」「ヤエヤマヒルギ」が海側より広がりはじめ、
やや湿った湿地帯から「メヒルギ、オヒルギ」が順番に並んでいく傾向がみられました。
さらに奥地では「半マングローブ植物」といわれる、乾いた陸地でそだつ樹木が多くなります。
この結果から見ると、同じ場所のマングローブ林でも海水の入り具合によって、
そこに集まる植物の種類だけでなく、群生距離も変化していくということが説明できます。

日本のマングローブの植生図

マングローブ生き物

コーポレートロゴ
facebook