dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 屋我地島

 屋我地島(やがじしま) 

〜 沖縄県/沖縄諸島 〜

屋我地島の風景

瀬戸内海のような波静かな海に、ダークブルーに染まるワルミ海峡の絶景がひろがる「オキナワの松島」。この島を経由すれば古宇利島までドライブが楽しめる。

マングローブ/2カ所 〔群生面積 約6.840ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

マングローブは羽地内海に面した海岸の干潟に自生地がありまして、樹齢100年のオヒルギ、低木メヒルギ、そして植樹されたヤエヤマヒルギ・ヒルギダマシのあわせて4種類を観察することができます。

屋我地島のひとにマングローブを聞く

マングローブ(ヒルギ林)はこの島の文化にも深く根づいてまして、地域にある小中学校の名前は「屋我地ひるぎ学園」。校章・校旗はオヒルギの種がデザインされ、校歌の歌詞にもヒルギが登場します。

私は日常、自然ガイドをしながら「ひるぎの森まんじゅう」のお菓子を製造販売しております。エコツアー体験・食のアイデアで、これからも屋我地島のマングローブの魅力を広めていきたいですね♪

屋我地島のひとにインタビュー@
屋我地島のひとにインタビューA

紅樹堂(こうじゅどう)
栂村 宙子 さん

 探検スポット 

\ 羽地内海エリア /

名護市我部にある「我部干潟」のマングローブ

(がぶひがた)

塩田跡地に分布を広げるヒルギダマシ群落にはコメツキガニも生息。

名護市饒平名にある「饒平名干潟」のマングローブ

(よへなひがた)

干潮の時にはトビハゼが跳ね交いながらベニシオマネキも姿を現す。

我部干潟

コーポレートロゴ
facebook