dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 屋久島

 屋久島(やくしま) 

〜 鹿児島県/大隈諸島 〜

屋久島の風景

太古の大自然が息づく世界自然遺産登録の島。山林の間を流れる渓流では青々とした苔が覆い、巨木の杉が立ち並ぶ深い森は「もののけ姫」のような神秘的な世界。

マングローブ/1カ所 〔群生面積 約0.021ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

ウミガメ産卵地として知られる栗生地区では、屋久島青年旅行村の脇を流れる栗生川のほとりに高さ1mほどのメヒルギが砂地に育ちます。千本桜公園先の河口側にある土手からじっくり観察できますよ。

屋久島のマングローブを語る月野弘幸さん

昭和53年頃までは栗生漁港付近の湿地にもマングローブ群落があり、木の根元には汽水域で暮らすカニも生息していました。その頃の様子を知る長老はメヒルギを『キツネノカンザシ』と呼んでいました。

漁港前の自生地は残念ながら伐採されましたが、消失寸前に生き残っていたメヒルギの幼木は栗生川下流へと移植され、今ではその木々が胎生種子を実らせるほど成長し、町の文化財に指定されています。

インタビューの様子@ インタビューの様子A

猟銃師(ハンター)
月野 弘幸 さん

 探検スポット 

\ 屋久島町栗生やくしまちょうくりおエリア /

屋久島町栗生にある「栗生川」のマングローブ

(くりおがわ)

島で唯一あるマングローブ植物のメヒルギが東シナ海の沿岸で芽吹く。

栗生川

コーポレートロゴ
facebook