dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 屋久島

 屋久島(やくしま) 

〜 鹿児島県/大隈諸島 〜

屋久島の風景

鹿児島から空路で50分、種子島より定期高速船も運航。高山がそびえ立つ「洋上のアルプス」といわれ美しい苔の渓流とシンボルの杉が眠る世界自然遺産登録の島。
(鹿児島の南135km/周囲130km/平均気温20度)

マングローブ/1カ所 〔群生面積0.021ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

温暖な気候に恵まれた「栗生地域」では屋久島に残る貴重なマングローブがあります。県道78号線の栗生橋下流へ行くとメヒルギが砂地に育っており川の土手からその姿を確認することができますよ。

マングローブについて語る月野弘幸さん

昭和53年頃までは栗生漁港北側の湿地にもメヒルギの群落があって、木の根元には汽水域で暮らすカニも生息していました。この旧群落は港湾工事で消失しましたが数本は栗生川に移植されました。

今では移植された木が胎生種子を実らせるほど成長し、集落の長老はこの種子を「キツネノカンザシ」とも呼んでます。現在の自生地は「屋久島町の文化財」に指定しており地域で大切にされています。

インタビューの様子@ インタビューの様子A

猟銃師(島出身)
月野 弘幸 さん

 自生地を探検 

\ 屋久島町栗生やくしまちょうくりおエリア /

屋久島町栗生にある「栗生川」のマングローブ

(くりおがわ)

島で唯一あるマングローブ植物のメヒルギが東シナ海の沿岸で芽吹く。

栗生川

コーポレートロゴ
facebook