dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 与那国島

 与那国島(よなぐにじま) 

〜 沖縄県/八重山諸島 〜

与那国島の風景

石垣島からプロペラ機に乗ることおよそ30分。海底遺跡のねむる日本最西端の島。のどかな牧場風景が広がり、はるか彼方をみつめれば台湾が望めることも。

マングローブ/1カ所 〔群生面積 約0.178ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

田原川(たばるがわ)では天然のオヒルギが2本だけありました。ここが以前「ヘドロの悪臭」で悩まされていた頃、水の浄化が期待できるマングローブを広げていき自然環境を改善しようと考えました。

与那国島のマングローブを語る東崎原敏夫さん

平成3年〜平成20年までにヤエヤマヒルギを1万5千本以上植樹して、マングローブ林と言えるほど発達しました。今ではヘドロ臭も無くなり、シオマネキ・渡り鳥・巻貝がかつてないほど増えたのです。

田原川は大正3年につくられた人工の川で、それまでは湿地帯でした。この川の近くには海とつながる汽水池があって、2本あったオヒルギは池から流れてきて成長したものだと予測していますよ。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

与那国 西公民館前館長
東崎原 敏夫 さん

 探検スポット 

\ 与那国よなぐにエリア /

与那国町与那国にある「田原川」のマングローブ

(たばるがわ)

空港と祖納港からもアクセスしやすい日本最西端のマングローブ。

田原川

コーポレートロゴ
facebook