dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 内・外離島

 内・外離島(うち・そとばなりじま) 

〜 沖縄県/八重山諸島 〜

内・外離島の風景

今はなき炭鉱でさかえた無人島。エメラルドブルーの海と純白にひろがる浜にぼっ〜と癒される。そこは人影もない船浮湾にひっそりと浮かぶ秘境の地。

マングローブ/3カ所 〔群生面積 約3.365ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

この2つの島は西表島の地続き。奥西表ともいわれるが定期船がないから観光客がほとんど訪れないよ。浜辺にはいくつか水路口があって奥に歩いていくと、湿地や田んぼ跡にマングローブがあるさ。

内・外離島のマングローブを聞く

昭和15年頃は家を建てるのにオヒルギを建材代わりに使ってね。とても硬い木だから釘を打ちつけても先端が曲がってしまうほどだよ。よく石鹸を塗りつけてから釘打ちしていた記憶があるさね。

島の漁師たちは台風がくると船をマングローブ林に避難させる。それは外洋が大荒れでもマングローブ林は波穏やかだからさ。船が傷まないおかげで、いつもこうして漁の仕事ができるんだよ。

内・外離島を知るひとにインタビュー@
内・外離島を知るひとにインタビューA

漁師(島の海人)
田盛 長太郎 さん

 探検スポット 

\ 船浮湾エリア /

竹富町内離島成屋にある「成屋」のマングローブ

(うちばなりじま)

誰もこない放牧場のはるか奥地には幻のニッパヤシ群落が隠れる。

竹富町内離島成屋にある「マイダ」のマングローブ

(うちばなりじま)

砂浜にゆっくりと流れる水域の茂みに希少種のヒルギモドキ出現。

竹富町外離島成屋にある「ウタ」のマングローブ

(そとばなりじま)

海岸からさらに奥地にある田んぼ跡地にマングローブ地帯が広がる。

ナリヤ(内離島)

コーポレートロゴ
facebook