dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 内・外離島

 内・外離島(うち・そとばなりじま) 

〜 沖縄県/八重山諸島 〜

内・外離島の風景

西表島西部の「白浜港沖」にたたずむ船浮湾の無人島。貸切船に乗れば2つの島まで数分で上陸することができ今はなき炭鉱採掘の歴史が刻まれた奥西表の秘境。
(周囲5km程度/平均気温24度/カヤックでも上陸可)

マングローブ/3カ所 〔群生面積3.365ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

この2つの島は西表島の地続き。奥西表ともいわれるが定期船がないから観光客がほとんど訪れないよ。浜辺にはいくつか水路口があって奥に歩いていくと湿地や田んぼ跡にマングローブがあるさ。

マングローブについて語る田盛長太郎さん

昭和15年頃までは家を造るのにオヒルギを建材として使ってね。とても硬い木だから釘を打ちつけても先端が曲がるほど。そのため釘打ちは潤滑液の代わりに石鹸を塗りつけていた記憶もあるさね。

そして台風が来るたびに船舶はマングローブ林に避難させるのさ。外洋が大荒れでも森の水辺は波穏やかだから船が傷まない。こうした森の恩恵によって私たちはいつも漁の仕事ができるんだよ。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

漁師(島の海人)
田盛 長太郎 さん

 自生地を探検 

\ 船浮湾ふなうきわんエリア /

竹富町内離島成屋にある「成屋」のマングローブ

(うちばなりじま)

誰もこない放牧場のはるか奥地には幻のニッパヤシ群落が隠れる。

竹富町内離島成屋にある「マイダ」のマングローブ

(うちばなりじま)

砂浜にゆっくりと流れる水域の茂みに希少種のヒルギモドキ出現。

竹富町外離島成屋にある「ウタ」のマングローブ

(そとばなりじま)

海岸からさらに奥地にある田んぼ跡地にマングローブ地帯が広がる。

ナリヤ(内離島)

コーポレートロゴ
facebook