dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 日本のマングローブ植物 > ニッパヤシ

 水椰子(ニッパヤシ) 

〜 南国を彩る日本産のマングローブ植物 〜

日本のニッパヤシ群落

マングローブ林の陸側にかけて生育する常緑低木であり西表島以南に分布。地下部から伸びた根茎に笹のような細長い葉をひろげ、果実は複数集合した球体になるほか国内では極めて希少価値の高いヤシとされる。

日本各地にある自生地/3カ所 〔2島〕

Googleマップで分布場所をみる >

 基本情報ガイド 

\ 木の語源 /

ニッパヤシの和名については学名の「Nypa/ニッパ」と後付けで「ヤシ」を組み合わせた非常に解りやすい名前です。椰子の木は日本でも大変馴染みある言葉ですが「ニッパ」はあまり聞き慣れないため異国情緒あふれるロマンを感じさせてくれます。

\ 学名由来 /

学名は「Nypa fruticans Wurmb」です。「Nypa」とはフィリピン語でニッパヤシを指すほか「fruticans」は低い樹木という意味を表わします。また「Wurmb」は1700年代後期のドイツ植物学者の名前からきており学名はこれらの合成語です。

\ 植物分類 /

科名

ヤシ科/Arecaceae

学名

Nypa fruticans Wurmb/ニッパフルティカンス

英名

Palm Mangrove/パームマングローブ

別名

Water Coconut/ウォーターココナッツ

保護

絶滅危惧TA類CR/環境省版レッドリスト

絶滅危惧種の階級図

\ 発達環境 /

気候

平均気温(年)24℃以上の亜熱帯地方

性質

軟らかい泥質土壌を好む(塩分にやや強い)

開花

春夏/6月-8月頃(果実成熟は不定期)

繁殖

果実落下→海流散布→発芽開始→株立ち

植生

マングローブの陸側に生育/後背群落

マングローブでの発達区域図

 形態的な特徴 

\ 全体樹形 /

常緑低木(じょうりょくていぼく)
樹高:1m-3mと背丈はやや低い

ニッパヤシの樹形図解

地上根そのものは存在しない
替わりに根茎(こんけい)が出現

根茎の図解

幹はなく根茎が地上で株立ち
色味:深緑-薄い茶系/質感:ツルツル

株立ちの図解

\ 器官構造 /

被針形の対生/長さ:1m以上
色味:黄緑/茎から羽状に広がる

被針形をした葉の図解

雄花:10cm程度の黄色い穂状
根茎のつけねから垂直にのびる

ニッパヤシにある花の図解

果実

集合果(種子は10cm前後の卵形)
色味:こげ茶/長さ:4cm前後

球体種子の図解
ニッパヤシの根茎
ニッパヤシの花
ニッパヤシの葉
ニッパヤシの果実

 地理的分布 

\ 国内自生地 /

日本のニッパヤシ群落は沖縄県西表島と内離島だけにみられ西表島船浦湾が世界分布の北限です。国内における自生地は2島3カ所だけにありマングローブ植物の中では一番出現しない樹種ですが海流漂着したタネは海岸などでよく見られます。

最北端

最南端

西表島
ヤシ川

西表島
大原川

最北端⇔最南端までの距離/16km

最東端

最西端

西表島
〔大原川〕

内離島
成屋湿地

最東端⇔最西端までの距離/18km

\ 分布範囲 /

日本のニッパヤシ分布地図

鹿児島県

沖縄県

自生地/0カ所
〔0島〕

自生地/3カ所
〔2島〕

 地域別の群落 

\ 西表島 /

西表島大原川のニッパヤシ
西表島ヤシ川のニッパヤシ群落

西表島/2カ所にあるマングローブ林の奥地で自生しており船浦湾に流れるヤシ川の群落は「国特別天然記念物」に指定されています。また後良川でも過去に生育していた記録が残されており最近では大原川下流で漂着種子が1株発芽しています。

\ 内離島 /

内離島のニッパヤシ群落
水路沿いのニッパヤシ群落

内離島/1カ所は人為的な開発影響の少ない無人島で自生しているため西表島のヤシ川の群落と比べると面積規模ならびに生育状態ともに良好です。この周辺は島の北東部に位置する成屋湿地とも呼ばれており新たな個体が成長を遂げています。

ヒルギモドキ

マングローブ生き物

コーポレートロゴ
facebook