dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 沖縄本島

 沖縄本島(おきなわほんとう) 

〜 沖縄県/沖縄諸島 〜

沖縄本島の風景

鹿児島から空路でおよそ1時間30分。南西諸島に浮かぶ琉球最大の島は、太古の森が眠る「やんばる国立公園」「ビーチリゾート」など自然・史跡が数多く残る。

マングローブ/48カ所 〔群生面積 約60.967ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

沖縄本島は西表島に次いでマングローブが数多くみかけられ、北部の「やんばる地区」や那覇に至るまで広く分布します。慶佐次川・億首川・比謝川では群生規模も大きいためカヤックで賑わいをみます。

沖縄本島のマングローブを語る高里尚正さん

自生地は川に集中しており、海岸では意外と少ないようにも思えます。それぞれの地域ではオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギが多く生育し、なかには植樹によって発達したマングローブ林もあります。

わたしの故郷である金武町では、億首川に北限のヒルギモドキが数本自生します。沖縄本島では5種類のマングローブの木が確認されていますので植物図鑑などを見ながら探検すると楽しいですよ。

インタビューの様子@
インタビューの様子A

沖縄体験観光協会会員
高里 尚正 さん

 探検スポット 

\ 国頭村くにがみそん×東村ひがしそんエリア /

国頭村奥にある「奥川」のマングローブ

(おくかわ)

ヨロン島の夜明かり灯る海辺近くの川にヒルギダマシが1本残存。

国頭村安田にある「伊部川」のマングローブ

(いぶがわ)

伊部岳の東側を流れる川の下流では幹の細いオヒルギが中州に育つ。

国頭村安田にある「安田川」のマングローブ

(あだがわ)

人気釣りスポットの安田漁港近くの河川にマングローブの木々が密集。

東村慶佐次にある「慶佐次川」のマングローブ

(げさしがわ)

本島最大級のマングローブ林でヤエヤマヒルギの北限群落でもある。

\ 名護市なごし(東エリア) /

名護市汀間にある「汀間川」のマングローブ

(ていまがわ)

大浦湾に注ぐ静かな川にオヒルギとメヒルギが1キロ以上立ち並ぶ。

名護市大浦にある「大浦川」のマングローブ

(おおうらがわ)

わんさか大浦パーク遊歩道を歩きながら天然記念物ヒルギ林を観察。

名護市二見にある「二見干潟」のマングローブ

(ふたみひがた)

二見バイパスのトンネルを超えると広い干潟にヒルギの木が成長。

名護市辺野古にある「辺野古川」のマングローブ

(へのこがわ)

沖縄工業高校先の橋から護岸沿いにあるメヒルギが数本見渡せる。

名護市久志にある「下の川」のマングローブ

(したのかわ)

低地に流れる川のほとりにメヒルギ群落が南国らしい景観を見出す。

\ 宜野座村ぎのざそん×金武町きんちょうエリア /

名護市久志にある「久志大川」のマングローブ

(くしおおかわ)

久志集落から加知味崎を越えていくと蛇行する川にマングローブ出現。

宜野座村松田にある「慶武原川」のマングローブ

(きんばるがわ)

松田北交差点前の川にあるヒルギ林ではシレナジジミの貝たちも生息。

宜野座村松田にある「宜野座福地川」のマングローブ

(ぎのざふくじがわ)

河口付近から車えび養殖場までの水域にオヒルギ群落がお目見え。

宜野座村漢那にある「漢那福地川」のマングローブ

(かんなふくじがわ)

漢那ダムの放水口まで茂るヒルギは一度見たら忘れられない珍風景。

金武町金武にある「億首川」のマングローブ

(おくくびがわ)

金武町「ネイチャーみらい館」付近の川に絶滅寸前のヒルギモドキも。

\ うるま市×北中城村きたなかぐすくそんエリア /

うるま市石川にある「石川川」のマングローブ

(いしかわがわ)

河川工事で自生地の大部分が失われたが河口のメヒルギは今も健在。

うるま市豊原にある「州崎水路」のマングローブ

(すざきすいろ)

親水護岸テラスに植えつけられたヒルギたちが3km以上も生い茂る。

沖縄市比屋根にある「比屋根湿地」のマングローブ

(ひやごんしっち)

迷路のような水路に密集するヒルギと渡り鳥が観察できるスポット。

北中城村美崎にある「渡口雨水路」のマングローブ

(とぐちうすいろ)

与儀地区からの雨水が流れてくる水路を織り成すマングローブ林。

北中城村渡口にある「渡口川」のマングローブ

(とぐちがわ)

北中城高校前と堤防で分断されている湿地にメヒルギが生き残る。

\ 南城市なんじょうし×糸満市いとまんしエリア /

南城市新開にある「新開水路」のマングローブ

(しんかいすいろ)

市民球場前から閑静な住宅街を蛇行する川に小さなジャングルが発達。

南城市佐敷兼久にある「築島干潟」のマングローブ

(ちくしまひがた)

佐敷中学校前から広がる湿地帯のメヒルギ林にはヒルギダマシも成育。

南城市佐敷冨祖崎にある「佐敷干潟」のマングローブ

(さしきひがた)

南城市天然記念物ハマジンチョウ群落の浜辺でメヒルギが異彩を放つ。

糸満市兼城にある「報得川」のマングローブ

(むくえがわ)

植樹によって大きく成長したヒルギが今では川沿いの柵まで大接近。

糸満市西崎にある「西崎水路」のマングローブ

(にしざきすいろ)

賑わいみせる歓楽街の中心地にメヒルギの木々が河川景観を育む。

\ 豊見城市とみぐすくし×那覇市なはし×浦添市うらそえしエリア /

豊見城市与根にある「豊崎水路」のマングローブ

(とよさきすいろ)

沖縄アウトレットモール前の野鳥観察広場ではヒルギの木も見渡せる。

那覇市具志にある「具志干潟」のマングローブ

(ぐしひがた)

那覇空港と瀬長島からわずかの距離に残るメヒルギ林の森に感動。

豊見城市豊見城にある「国場川」のマングローブ

(こくばがわ)

都心部に広がるラムサール条約登録湿地のマングローブが心を癒す。

那覇市安謝にある「安謝川」のマングローブ

(あじゃがわ)

那覇市と浦添市の境界線あたる川にヤエヤマヒルギとメヒルギが出現。

浦添市小湾にある「小湾川」のマングローブ

(くわんがわ)

国立劇場おきなわ付近にある河川に浦添市で唯一のヒルギ自生地が。

\ 嘉手納村かでなそん×恩納村おんなそんエリア /

嘉手納村嘉手納にある「比謝川」のマングローブ

(ひじゃがわ)

慶佐次川と億首川につづいてカヤック探検で人気なマングローブ林。

恩納村真栄田にある「美留川」のマングローブ

(びるがわ)

「ペンション美留」付近を流れる川の河口域にメヒルギの木が密集。

恩納村仲泊にある「深川」のマングローブ

(ふかがわ)

恩納村博物館から道の駅にひろがる干潟ではヒルギが数本生き残る。

恩納村恩納にある「志嘉座川」のマングローブ

(しかざがわ)

恩名バイパスから農耕地までの川岸にマングローブの木がぽつり。

恩納村恩納にある「当袋川」のマングローブ

(とうぶくろがわ)

万座毛にいく途中に見学したい「恩名海浜公園前」のメヒルギ林。

\ 名護市なごし×今帰仁村なきじんそんエリア /

恩納村名嘉真にある「名嘉真川」のマングローブ

(なかまがわ)

数本のメヒルギが今はなきマングローブ原生林の面影を映し出す。

名護市許田にある「許田福地川」のマングローブ

(きょだふくちがわ)

許田ICと湖辺底公園付近にあるポンプ場の水辺にメヒルギがぽつり。

名護市宇茂佐にある「屋部川」のマングローブ

(やぶがわ)

宇茂佐の森公園から郵便局付近の水辺にオヒルギのメヒルギが出現。

今帰仁村崎山にある「ジニンサ川」のマングローブ

(じにんさがわ)

崎山集落から人里離れた海岸を歩くと川の河口にメヒルギが立ち並ぶ。

今帰仁村仲宗根にある「大井川」のマングローブ

(おおいがわ)

琉球石灰岩に囲まれた干潟には盆栽のごとく美しきメヒルギが群生。

\ 名護市なごし(西エリア) /

今帰仁村湧川にある「湧川干潟」のマングローブ

(わくがわひがた)

湧川マリーナ前から密集するメヒルギ林内はシオマネキたちの楽園。

名護市呉我にある「奈佐田川」のマングローブ

(なさだがわ)

本部循環線の橋から中流までヒルギの葉が水面をエメラルドに彩る。

名護市真喜屋にある「真喜屋干潟」のマングローブ

(まきやひがた)

ヒルギが発達する羽地内海の干潟にはコメツキガニ・トビハゼも棲む。

名護市源河にある「源河川」のマングローブ

(げんかがわ)

川砂に埋もれながらも奇跡的に生存する2本のメヒルギに感極まる。

\ 大宜味村おおぎみそん×国頭村くにがみそんエリア /

大宜味村津波にある「平南川」のマングローブ

(へなんがわ)

東シナ海が一望できる河口域の草むらの茂みにメヒルギ林が隠れる。

大宜味村白浜にある「ハンザキ川」のマングローブ

(はんざきがわ)

山々に囲まれた半崎トンネル前の静かな湾内にオヒルギがお目見え。

大宜味村田港にある「大保川」のマングローブ

(たいほがわ)

塩屋湾に注ぐこの川には低いメヒルギが中流域にまとまって育つ。

国頭村浜にある「田嘉里川」のマングローブ

(たかざとがわ)

周辺は雑木林に覆われているが川沿いにはヒルギの生育地が存在。

国頭村鏡地にある「鏡地水路」のマングローブ

(かがんじすいろ)

比地川河口とつながる農業用水路には植樹マングローブが急成長。

奥川

コーポレートロゴ
facebook