dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 奄美大島

 奄美大島(あまみおおしま) 

〜 鹿児島県/奄美群島 〜

奄美大島の風景

鹿児島から380km沖縄まで300km。空路はどちらからのアクセスでも約1時間。琉球と薩摩の文化をあわせ持ち「世界自然遺産登録」を見据える亜熱帯の島。

マングローブ/8カ所 〔群生面積 約34.000ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

奄美大島では川の河口と内海(塩水湖)にマングローブが密集しておりオヒルギとメヒルギの2種類が自生します。また周辺離島のトカラ列島・喜界島・沖永良部島・与論島にはマングローブがありません。

奄美大島のマングローブを語る久保ひろしさん

奄美市住用町では鹿児島県で一番広いマングローブが住用川・役勝川に広がりオヒルギの北限群落です。そこにはカニ・野鳥・巻貝をはじめ、沖縄で絶滅したリュウキュウアユの希少生物も生息します。

水路ではカヤック、陸からは遊歩道・展望台よりマングローブ原生林を観察することができます。また島の伝統工芸品「本場奄美大島紬」も、その昔はヒルギの木が染料として重宝された歴史があります。

インタビューの様子@ インタビューの様子A

マングローブ茶屋(店主)
久保 ひろし さん

 探検スポット 

\ 笠利町かさりちょう×龍郷町たつごうちょう×住用町すみようちょうエリア /

奄美市笠利町手花部にある「坂下川」のマングローブ

(さかしたがわ)

奄美空港からアクセス良好の笠利町手花部にある小さなメヒルギ群落。

龍郷町瀬留にある「龍郷湾干潟」のマングローブ

(たつごうわん)

発電所の赤い鉄塔がみえる波静かな龍郷湾にたたずむマングローブ。

龍郷町浦にある「とおしめ湿地」のマングローブ

(浦の橋立)

龍郷町役場前のある「浦の橋立」の干拓地跡にメヒルギの密林が現る。

奄美市住用町城にある「内海公園前」のマングローブ

(うちうみこうえん)

東城郵便局先にある内海の入り江に世界最北端のオヒルギ群落を発見。

\ 住用町すみようちょう×瀬戸内町せとうちちょうエリア /

奄美市住用町摺勝にある「川内川」のマングローブ

(かわうちがわ)

内海が眺望できる奄美体験交流館近くの中洲には低木のヒルギが密集。

奄美市住用町役勝にある「住用川」のマングローブ

(すみようがわ)

国立公園に広がるマングローブ絶景は一度は訪れたい観光スポット。

奄美市住用町金久田にある「金久田干潟」のマングローブ

(かねくだひがた)

鳩ノ崎に近い「市集落」の防波堤沿いでメヒルギと琉球松がコラボ。

瀬戸内町小名瀬にある「小名瀬干潟」のマングローブ

(こなぜひがた)

古仁屋〜宇検村の間の油井トンネルを過ぎた浜辺にメヒルギが芽吹く。

坂下川

コーポレートロゴ
facebook