dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 西表島

 西表島(いりおもてじま) 

〜 沖縄県/八重山諸島 〜

西表島の風景

空港はなく石垣島から高速定期船に乗り継いで約40分。島の90%が亜熱帯林で日本最大のマングローブが群生し世界自然遺産登録に選定される東洋のガラパゴス島。
(石垣島の西30km/周囲130km/平均気温24度)

マングローブ/64カ所 〔群生面積603.844f〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

西表島は日本にある全7種のマングローブ植物、「オヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギ・マヤプシキ・ヒルギダマシ・ヒルギモドキ・ニッパヤシ」が育ちますが、何といっても自生地の数にも圧倒されますね。

マングローブについて語る永露芳子さん

この島では「マングローブ染め」という昔ながらの伝統工芸が残ります。これはオヒルギの樹皮を釜炊きして染料液をつくり、ミネラル豊富な海水を混ぜて生地に揉みこみ天日干しする染め方の手法です。

ヒルギで染めた繊維は耐久性があり古くは漁網にも使われた歴史も残り、今では台風等で倒れた木の樹皮を再利用しています。こうした島の自然から授かった手仕事が語り継がれていくと良いですね♪

インタビューの様子@
インタビューの様子A

ギャラリー工房ゆくい
永露 芳子 さん

 自生地を探検 

\ 南風見はいみエリア /

竹富町南風見にある「大原川」のマングローブ

(おおはらがわ)

豊原に向かう製糖工場前の河川には日本最南端のマングローブが現る。

竹富町南風見にある「仲間港前」のマングローブ

(おおはらこう)

琉球石灰岩に覆われた旧海岸線の浜に残される貴重なヤエヤマヒルギ。

竹富町南風見にある「旧大原港前」のマングローブ

(きゅうおおはらこう)

大原営林署裏にある波止場から仲間橋の干潟までマングローブが茂る。

竹富町南風見にある「ヤッサ」のマングローブ

(仲間川水系)

仲間川下流の北西に入り組んだ泥質干潟にひろがるマングローブ林。

竹富町南風見にある「仲間川」のマングローブ

(なかまがわ)

遊覧船も行き交う日本最大面積を誇る広大なマングローブ原生林。

\ 大富おおとみエリア /

竹富町大富にある「西船付川」のマングローブ

(にしふなつきがわ)

仲間川支流であり大富林道の浄水場下の遊歩道にはサガリバナ群落も。

竹富町大富にある「新湊川」のマングローブ

(しいみなとがわ)

大富集落と仲間崎を南北縦断する下流域に静寂なヒルギの森が現る。

竹富町大富にある「仲間崎」のマングローブ

(なかまさき)

仲間川河口に突き出た海岸干潟で奇抜な岩とともにマヤプシキが生育。

竹富町古見にある「赤井田川」のマングローブ

(あかいだがわ)

潮位で景色が大きく変化する森にはシオマネキやトビハゼも顔を出す。

竹富町古見にある「ウブラ干潟」のマングローブ

(うぶらひがた)

静かな波にゆられながらヒルギダマシが美しい浜辺の景観を織り成す。

\ 古見こみエリア /

竹富町古見にある「前良川」のマングローブ

(まいらがわ)

神が見守る三離御嶽前のヒルギ林には巨木サキシマスオウノキも眠る。

竹富町古見にある「古見の前浜」のマングローブ

(こみのまえのはま)

古見集落にある湧水地付近の海岸でヒルギの木々が海を背にして育つ。

竹富町古見にある「後良川」のマングローブ

(しいらがわ)

後良ロードパークから望むマングローブ原生林の絶景に観光客も感動。

竹富町古見にある「フカリ川」のマングローブ

(ふかりがわ)

後良川支流であり野生生物保護センターのある中流までヒルギが群生。

竹富町古見にある「相良川」のマングローブ

(あいらがわ)

迷路のようなマングローブの湿地には巨大貝のシレナシジミも暮らす。

\ 美原みはらエリア /

竹富町美原にある「野底崎」のマングローブ

(のそこさき)

嘉佐崎を超えると潮風吹き荒れる沿岸部にマヤプシキの木々を発見。

竹富町美原にある「美原干潟」のマングローブ

(みはらひがた)

由布島水牛車乗り場の遠浅干潟ではヤエヤマヒルギが美しい根を張る。

竹富町美原にある「与那良川」のマングローブ

(よならがわ)

汽水域の砂地には東部地区での自生が珍しいヒルギモドキ群落が出現。

竹富町美原にある「野原崎」のマングローブ

(のばるざき)

県道脇の険しい斜面をおりた海岸林のなかにはマヤプシキの木が残存。

\ 高那たかなエリア /

竹富町高那にある「ユツン川」のマングローブ

(由珍川)

高木のオヒルギに覆われた下流の湿地にはアナジャコ泥の塚を盛る。

竹富町高那にある「ヨシケラ川」のマングローブ

(よしけらがわ)

大見謝ロードパーク階段を降りると木道でオヒルギ群落が待ちわびる。

竹富町高那にある「ゲータ川」のマングローブ

(げーたがわ)

海岸に向かい一直線に立ち並ぶマングローブの木々が冒険心を誘う。

竹富町高那にある「西ゲータ川」のマングローブ

(にしげーたがわ)

下流にぽつり立つヤエヤマヒルギの背後から森の植生に移り変わる。

竹富町高那にある「クーラ川」のマングローブ

(くーらがわ)

鍾乳洞と小さな滝に囲まれた水辺にたたずむヒルギの森に心癒される。

\ 船浦ふなうらエリア /

竹富町船浦にある「伊武田崎」のマングローブ

(いんださき)

ナダラ川河口から突き出た浜辺にある閉鎖性水域のマングローブ群落。

竹富町船浦にある「ナダラ川」のマングローブ

(なだらがわ)

電柱が立つ橋梁から上流に向かうと中州のオヒルギ林に景色が一変。

竹富町船浦にある「西田川」のマングローブ

(にしだがわ)

海中道路の「西表自然休養林」看板前からヒルギの木が干潟に広がる。

竹富町船浦にある「ヒナイ川」のマングローブ

(ひないがわ)

ピナイサーラ滝の新鮮な淡水がオヒルギ林内にも流れこむ秘境の地。

竹富町船浦にある「マーレ川」のマングローブ

(まーれがわ)

途中からヒナイ川と分岐しながら中流域までマングローブ植物が密集。

\ 船浦ふなうら×上原うえはらエリア /

竹富町船浦にある「ヤシ川」のマングローブ

(やしがわ)

密林地帯では国特別天然記念物の世界最北端ニッパヤシ群落が出現。

竹富町船浦にある「イモト川 」のマングローブ

(いもとがわ)

船浦湾最北部を流れる水路両岸と湿地帯に生い茂るマングローブの森。

竹富町船浦にある「船浦港前」のマングローブ

(ふなうらこう)

テトラポット沿いに植樹されたマングローブが原始的な景観を見出す。

竹富町上原にある「野崎川」のマングローブ

(のざきがわ)

上原港フェリーターミナル南側を流れる下流域にオヒルギが生い茂る。

\ 浦内うらうち×星立ほしだて×祖納そないエリア /

竹富町浦内にある「浦内川」のマングローブ

(うらうちがわ)

トゥドゥマリ浜から遊覧船乗り場を越えた上流7kmまでヒルギが群生。

竹富町浦内にある「宇多良川」のマングローブ

(うたらがわ)

文化遺産に指定される炭鉱跡地を流れる浦内川支流のマングローブ。

竹富町星立にある「与那田川」のマングローブ

(よなだがわ)

古代は浦内川河口であった巨大ラグーンにヒルギモドキが群落を形成。

竹富町祖納にある「アラバラ川」のマングローブ

(あらばらがわ)

大浜農園前の河口中州ではオヒルギ群落からなる小さな陸地が浮かぶ。

竹富町祖納にある「美田良川」のマングローブ

(みだらがわ)

西表トンネル出口脇から「赤崎の岬」のある河口にマングローブが群生。

\ 白浜しらはまエリア /

竹富町白浜にある「白浜港前」のマングローブ

(しらはまこう)

白浜港東側の海岸防波堤沿いにある干潟で生き残るマングローブ地帯。

竹富町白浜にある「仲良川」のマングローブ

(なからがわ)

船でしか行けない奥西表の秘境の川に美しきヤエヤマヒルギが映える。

竹富町白浜にある「イチバン川」のマングローブ

(仲良川支流)

ウーシク森の方向に伸びる別名トゥドゥルシ川で下流にヒルギが自生。

竹富町白浜にある「ヌバン川」のマングローブ

(仲良川支流)

波照間の森に向い水路が流れており川筋にはオヒルギの木が姿を現す。

竹富町白浜にある「船浮湾カブリ崎」のマングローブ

(船浮湾)

仲良川河口から元成屋崎方向をいくと岬の左側にメヒルギが見渡せる。

\ 船浮ふなうき(東エリア) /

竹富町船浮にある「船浮湾ヨシタバル」のマングローブ

(船浮湾)

琉球石灰岩の段丘を背にズブズブの湿地帯に細長いオヒルギがずらり。

竹富町船浮にある「ミゾウラ川」のマングローブ

(クイラ川流域)

地図には河川名の記載がなくマングローブの木が両岸から迫り出す。

竹富町船浮にある「ヒドリ川」のマングローブ

(クイラ川支流)

8の字に蛇行する中流では密林ジャングルにオヒルギが立ちはだかる。

竹富町船浮にある「クイラ川」のマングローブ

(越良川)

岩肌に沿って密集しているヤエヤマヒルギは太古の自然景観を物語る。

\ 船浮ふなうき(中央エリア) /

竹富町船浮にある「ウジェラ川」のマングローブ

(クイラ川流域)

クイラ川河口の岬を大回りすると汽水域限界までマングローブが群生。

竹富町船浮にある「ミズウチ川」のマングローブ

(水落川)

ミズウチの滝から落る天然水と下流の塩水とが混ざる奇跡の自生地。

竹富町船浮にある「船浮湾タク崎」のマングローブ

(船浮湾)

緑美しい山肌とヤエヤマヒルギが平行に並ぶ静寂につつまれた干潟。

竹富町船浮にある「フカイ川」のマングローブ

(ふかいがわ)

渓流のような河川景観に数本だけ伸びるヤエヤマヒルギが異彩を放つ。

\ 船浮ふなうき(西エリア) /

竹富町船浮にある「船浮湾カジヤ崎」のマングローブ

(船浮湾)

黒真珠養殖場から南側の干潟には美しいルリマダラシオマネキも生息。

竹富町船浮にある「取水塔前の沼」のマングローブ

(しゅすいとう)

古くは農耕地に利用されていた船浮港西側の湿地にヒルギ林が発達。

竹富町船浮にある「船浮湾ピシダ」のマングローブ

(船浮湾)

パウダーサンドが美しいイダの浜の周辺にある隠れたマングローブ林。

竹富町船浮にある「ユナラ川」のマングローブ

(ゆならがわ)

サバ崎の南東にある透明度の高い川でヒルギダマシは異国情緒が漂う。

竹富町船浮にある「船浮湾シタダ」のマングローブ

(船浮湾)

船浮湾最西端のサバ崎南側にたたずむ内陸湿地のマングローブ自生地。

\ 網取あみとりエリア /

竹富町網取にある「網取湾プーラ」のマングローブ

(網取湾)

ゴリラ岩の南側にある静寂な浜辺を散策するとヒルギ原生林に遭遇。

竹富町網取にある「網取湾ウダラ浜」のマングローブ

(うだらはま)

シロの浜といわれる海岸では半円状の水路にオヒルギの根が映りこむ。

竹富町網取にある「ウダラ川」のマングローブ

(うだらがわ)

これまで東部地区でしか発見されなかったマヤプシキの新たな自生地。

竹富町網取にある「アヤンダ川」のマングローブ

(あやんだがわ)

網取湾最深部を流れる岩肌が美しき水路にマングローブが色濃く残る。

竹富町網取にある「ガンパラ/網取湾」のマングローブ

(網取湾)

東海大学研究センター東側の海岸沿いにある閉鎖性水域の自生地。

\ 崎山さきやまエリア /

竹富町崎山にある「ウボ川」のマングローブ

(うぼがわ)

ウルチ崎の南側の赤石から川の本流にかけてヤエヤマヒルギが密集。

竹富町崎山にある「パイタ川」のマングローブ

(ぱいたがわ)

崎山湾から水路に進入すると右岸から可愛らしいメヒルギがお出迎え。

竹富町崎山にある「イドゥマリ川」のマングローブ

(伊泊)

西表最西端のマングローブの木々は強風に耐えてきた歴史の面影も。

大原川

コーポレートロゴ
facebook