dfgfgf
dfgfdgf

トップページ > 西表島

 西表島(いりおもてじま) 

〜 沖縄県/八重山諸島 〜

西表島の風景

世界遺産登録をめざす東洋のガラパゴス。日本のマングローブ植物がすべて生育しており自生地の広さも桁違い。島の90%が亜熱帯ジャングルに覆われる。

マングローブ/64カ所 〔群生面積 約603.784ha〕

Googleマップで分布場所をみる >

 島のひとに聞く 

西表島は数え切れないほどマングローブがあります。とくに仲間川・後良川・船浦湾・浦内川は観光地としても有名ですが、船でしかいけない西部地区の奥西表には知られざる自生地があるようですね。

西表島のひとにマングローブを聞く

島では「マングローブ染め」という伝統が残されていて、主にオヒルギの樹皮を釜炊きして取りだされた色素を染める手法です。今ではヒルギの伐採は全面禁止ですので、台風で倒れた木を再利用します。

ミネラルたっぷりの海水に、ヒルギの樹皮で染めた生地は持ちが良く、昔は漁網にも利用していたそうです。こうして島のマングローブが生活の知恵に根づいてきた歴史も語り継がれるといいですね。

西表島のひとにインタビュー@
西表島のひとにインタビューA

ギャラリー工房ゆくい
永露 芳子 さん

 探検スポット 

\ 南風見エリア /

竹富町南風見にある「大原川」のマングローブ

(おおはらがわ)

製糖工場の甘い香りがただよう日本最南端のマングローブ原生林。

竹富町南風見にある「仲間港前」のマングローブ

(おおはらこう)

かつての海岸線が残るフェリーターミナル前の水路にヒルギがぽつり。

竹富町南風見にある「旧大原港前」のマングローブ

(きゅうおおはらこう)

漁船が停泊する港から仲間大橋までの間にマヤプシキも生い茂る。

竹富町南風見にある「ヤッサ」のマングローブ

(仲間川水系)

西表コンクリートの先には仲間川水系の湿地に高木オヒルギが立つ。

竹富町南風見にある「仲間川」のマングローブ

(なかまがわ)

遊覧船が行き交う日本最大級の広大なマングローブにため息つく。

\ 大富エリア /

竹富町大富にある「西船付川」のマングローブ

(にしふなつきがわ)

仲間川のこの支流には大富林道とつながる観察遊歩道が完備される。

竹富町大富にある「新湊川」のマングローブ

(しいみなとがわ)

大富共同売店前に架かる橋からは密林ジャングルの入口がお出迎え。

竹富町大富にある「仲間崎」のマングローブ

(なかまさき)

サトウキビ畑の抜けた干潟には奇抜な岩場の隙間からヒルギが育つ。

竹富町古見にある「赤井田川」のマングローブ

(あかいだがわ)

どこまでも森が広がる河口にはミナミコメツキガニやトビハゼの宝庫。

竹富町古見にある「ウブラ干潟」のマングローブ

(うぶらひがた)

ヒルギダマシが静かな波にゆられながら浜辺の美しい景観を織り成す。

\ 古見エリア /

竹富町古見にある「前良川」のマングローブ

(まいらがわ)

神が見守る古見御嶽近くのヒルギ林にはサキシマスオウノキも自生。

竹富町古見にある「古見の前浜」のマングローブ

(こみのまえのはま)

古見集落にある湧き水スポットの海岸に希少なマングローブが育つ。

竹富町古見にある「後良川」のマングローブ

(しいらがわ)

後良ロードパーク前のマングローブ原生林の美しさに観光客も絶句。

竹富町古見にある「深里川」のマングローブ

(ふかりがわ)

西表野生生物保護センター付近まで流れる後良川支流にもヒルギ林が。

竹富町古見にある「相良川」のマングローブ

(あいらがわ)

迷路の支流域に発達するマングローブ林には希少なヒルギモドキも。

\ 美原エリア /

竹富町美原にある「野底崎」のマングローブ

(のそこさき)

潮風吹き付ける海岸にはシマシラキ群落の片隅にマヤプシキが潜む。

竹富町美原にある「美原干潟」のマングローブ

(みはらひがた)

由布島水牛車乗り場で待っているついでに観察できるマングローブ林。

竹富町美原にある「与那良川」のマングローブ

(よならがわ)

河口に広がる干潟には東部地区では珍しいヒルギモドキ群落が出現。

竹富町美原にある「野原崎」のマングローブ

(のばるざき)

県道脇の険しい斜面をおりた海岸林のなかにはマヤプシキの木が残存。

\ 高那エリア /

竹富町高那にある「ユツン川」のマングローブ

(由珍川)

パイヌマヤホテルのツアー客で賑わう人気のマングローブ観光地。

竹富町高那にある「ヨシケラ川」のマングローブ

(よしけらがわ)

大見謝ロードパークから降りていくと遊歩道内をオヒルギ群落が覆う。

竹富町高那にある「ゲータ川」のマングローブ

(げーたがわ)

海に向かって一直線に立ち並ぶマングローブの木々が冒険心を誘う。

竹富町高那にある「西ゲータ川」のマングローブ

(にしげーたがわ)

奥地は密林ジャングルとなるが河口を見ただけでは想像がつかない。

竹富町高那にある「クーラ川」のマングローブ

(くーらがわ)

蛇行していく水路沿いに茂るオヒルギ林はカヤック探検でも大人気。

\ 船浦エリア /

竹富町船浦にある「伊武田崎」のマングローブ

(いんださき)

ナダラ川河口から海岸沿いを歩くと見えてくるマングローブの湿地帯。

竹富町船浦にある「ナダラ川」のマングローブ

(なだらがわ)

ヤエヤマヒルギから群生し中流にはオヒルギが中州に孤島をつくる。

竹富町船浦にある「西田川」のマングローブ

(にしだがわ)

海中道路の直前に見えてくる船浦湾の広大なマングローブ原生林。

竹富町船浦にある「ヒナイ川」のマングローブ

(ひないがわ)

ピナイサーラ滝の新鮮な水がオヒルギ林内にも流れこむ秘境の地。

竹富町船浦にある「マーレ川」のマングローブ

(まーれがわ)

途中からヒナイ川と分岐しながらも中流域までマングローブがつづく。

\ 船浦×上原エリア /

竹富町船浦にある「ヤシ川」のマングローブ

(やしがわ)

世界最北端のニッパヤシ群落へたどりつくにはガイド無しでは困難。

竹富町船浦にある「イモト川 」のマングローブ

(いもとがわ)

海中道路を上原方向に渡りきった左側に多種多様のヒルギが育つ。

竹富町船浦にある「船浦港前」のマングローブ

(ふなうらこう)

テトラポット沿いに植樹されたマングローブの木が海辺景観を見出す。

竹富町上原にある「野崎川」のマングローブ

(のざきがわ)

上原港フェリーターミナルから5分圏内にあるオヒルギ高木林を発見。

\ 浦内×星立×祖内エリア /

竹富町浦内にある「浦内川」のマングローブ

(うらうちがわ)

最深部が15mある大きな川の両側に広がる東洋のジャングル地帯。

竹富町浦内にある「宇多良川」のマングローブ

(うたらがわ)

近代化文化遺産に指定された炭鉱跡地に流れゆく浦内川の支流へ。

竹富町星立にある「与那田川」のマングローブ

(よなだがわ)

古代は浦内川とつながっていた巨大ラグーンにはヒルギモドキも育つ。

竹富町祖納にある「アラバラ川」のマングローブ

(あらばらがわ)

オヒルギの木々に覆われた孤島によって川の水域がグーンと蛇行。

竹富町祖納にある「美田良川」のマングローブ

(みだらがわ)

県道から川が見えなくなっていく辺りからマングローブが一気に密集。

\ 白浜エリア /

竹富町白浜にある「白浜港前」のマングローブ

(しらはまこう)

小舟が係留される沿岸にあるヒルギ林は陸路からいける最終地点。

竹富町白浜にある「仲良川」のマングローブ

(なからがわ)

奥西表の玄関口にはフォレストグリーン色に染まるヒルギが川を覆う。

竹富町白浜にある「イチバン川」のマングローブ

(仲良川支流)

仲良川支流にあたるこの水路は別名トゥドゥルシ川ともいわれる秘境。

竹富町白浜にある「ヌバン川」のマングローブ

(仲良川支流)

イチバン川を過ぎて中流にいくとアダン林の中にオヒルギがぽつぽつ。

竹富町白浜にある「船浮湾カブリ崎」のマングローブ

(船浮湾)

仲良川河口から船浮湾にでると岬の一角にある干潟にメヒルギが自生。

\ 船浮(東エリア) /

竹富町船浮にある「船浮湾ヨシタバル」のマングローブ

(船浮湾)

アマゾン川を思わす水の色合いとマングローブのコントラストが絶妙。

竹富町船浮にある「ミゾウラ川」のマングローブ

(クイラ川流域)

地図に河川名は載っていものの台風時には船を係留させる恩恵の地。

竹富町船浮にある「ヒドリ川」のマングローブ

(クイラ川支流)

水路が8の字に蛇行する支流を高木オヒルギが中流まで生い茂る。

竹富町船浮にある「クイラ川」のマングローブ

(越良川)

岩肌に沿って密集しているヤエヤマヒルギは自然の原点を感じさせる。

\ 船浮(中央エリア) /

竹富町船浮にある「ウジェラ川」のマングローブ

(クイラ川流域)

クイラ川河口の岬を越えた水路の奥地までヤエヤマヒルギが群生。

竹富町船浮にある「ミズウチ川」のマングローブ

(水落川)

滝の水が落ちてくるギリギリの汽水域に生える珍しいヒルギ自生地。

竹富町船浮にある「船浮湾タク崎」のマングローブ

(船浮湾)

緑美しい山肌とヤエヤマヒルギが平行に並ぶ静寂につつまれた干潟。

竹富町船浮にある「フカイ川」のマングローブ

(ふかいがわ)

渓流のような景観に数本だけ伸びるヤエヤマヒルギは異彩を放つ。

\ 船浮(西エリア) /

竹富町船浮にある「船浮湾カジヤ崎」のマングローブ

(船浮湾)

黒真珠養殖場から南側の干潟には美しいルリマダラシオマネキも生息。

竹富町船浮にある「取水塔前の沼」のマングローブ

(しゅすいとう)

船浮集落内にある小中学校前の田んぼ跡地になぜかヒルギが発達。

竹富町船浮にある「船浮湾ピシダ」のマングローブ

(船浮湾)

イダの浜の周辺にあるマングローブは砂浜と湿地との境界線を描く。

竹富町船浮にある「ユナラ川」のマングローブ

(ゆならがわ)

透明度あるキレイな水に揺られるヒルギダマシは異国情緒を感じる。

竹富町船浮にある「船浮湾シタダ」のマングローブ

(船浮湾)

深夜にアナジャコが積み上げた塚穴がオヒルギの根元を埋め尽くす。

\ 網取エリア /

竹富町網取にある「網取湾プーラ」のマングローブ

(網取湾)

浜へわずかに流れる水路をいくと木漏れ日差し込むヒルギ林に遭遇。

竹富町網取にある「網取湾ウルチ浜」のマングローブ

(うるちはま)

エメラルドに染まる華麗なる水面の砂地にオヒルギの根が立ち尽くす。

竹富町網取にある「ウダラ川」のマングローブ

(うだらがわ)

水域の奥には西部地区にはないとされていたマヤプシキ群落が出現。

竹富町網取にある「アヤンダ川」のマングローブ

(あやんだがわ)

青々したパワーみなぎる川の一角に美しいマングローブの森が発達。

竹富町網取にある「ガンパラ/網取湾」のマングローブ

(網取湾)

東海大学研究センターからほど近い2カ所の水域にある隠れスポット。

\ 崎山エリア /

竹富町崎山にある「ウボ川」のマングローブ

(うぼがわ)

岬に密集するヤエヤマヒルギとともに中流域にはシレナシジミが生息。

竹富町崎山にある「パイタ川」のマングローブ

(ぱいたがわ)

湾内から水路へと進入すると右岸に可愛らしいメヒルギもお出迎え。

竹富町崎山にある「イドゥマリ川」のマングローブ

(伊泊)

西表最西端のマングローブの木々は強風に耐えてきた歴史の面影も。

大原川

コーポレートロゴ
facebook